【2021年】M1 MacBook Airと一緒に買うもの【3つだけ】

M1 MacBook Airと一緒に買った方がいい周辺機器ってなんだろう?
逆にいらない周辺機器とかあるかな?

こういった疑問にお答えします。

本記事の内容
  • M1 MacBook Airに必須であるもの
  • M1 MacBook Airに必須ではないもの
  • M1 MacBook Airに不要であるもの

こんにちは、カズヤです。Macを愛しはじめて3年。M1 MacBook Airは現在の愛人です。

Macはアクセサリーや周辺機器が豊富なので、たくさん買ってあげたくなっちゃいますよね。

でも僕は、M1 MacBook Airと一緒に買うもので、必須なのは「3つだけ」だと思っています。

これまでたくさん散財してきたので、個人的にいらないと思ったアクセサリー・周辺機器も紹介します。

この記事を読むことで、ムダな出費をなくすことができるはずです。

目次

M1 MacBook Airに必須であるもの

M1 MacBook Airに必須であるもの
  • 2ポート充電器
  • ノートPCスタンド
  • スリーブケース

M1 MacBook Airと一緒に買うものは、とりあえずこの3つだけでいいと思いますよ。

①2ポート充電器

まずは2ポート充電器ですね。

2ポート充電器を一緒に買うべき理由
  • 充電器1つでは持ち出しが面倒
  • Macと他端末を同時に充電できる
  • 旅行や出張のときの持ち物が減る

こういった理由から、2ポート充電器は買っておいた方がいいです。

あまり外で作業しない方も、Mac用とiPhone用でコンセントを2個も使うのはもったいないですよ。

おすすめ:Anker PowerPort Atom PD2

おすすめ商品はこちら。

合計60W出力に対応しているので、iPhoneやiPadとも同時に急速充電することができます

「30W」で充電できるMacBook Airにはオーバースペックですが、「60W」必要な13インチProにも使えるのでひとつ持っておいて損はないですよ。

今後買い替えたときとか、友人と一緒に充電したりできるのでおすすめです。

ちなみに、適合ワット数より大きくても問題ないことはApple公式で確認済みです。

1ポートで十分なら

「2ポートもいらないよ」という方はこちらがおすすめ。

MacBook Airにピッタリな30W出力の充電器です。めちゃくちゃ薄いのでカバンに入れてもかさばりません。

②ノートPCスタンド

次はパソコンスタンドです。

ノートPCスタンドを一緒に買うべき理由
  • キーボードに傾斜がなく打ちづらい
  • 視線を上げないと首と肩が痛くなる
  • 姿勢がよくなると作業効率が上がる

こういった理由から、ノートPCスタンドも必要なアクセサリーですね。

特に長時間タイピングする方なら絶対にあった方がいいですよ。かなり姿勢が改善されます。

おすすめ:Majextand

おすすめはこちら。

裏にペタッと貼り付けるタイプだから持ち運びやすいし、デザインもMacBookと相性抜群です。

価格は6,000円とちょっと高めですが、デザインにこだわるなら確実に満足できるスタンドですよ。

レビュー記事も書いてるので、興味がある方はご覧ください。

あわせて読みたい
MacBookに必須。世界最薄ノートPCスタンド『Majextand』レビュー
MacBookに必須。世界最薄ノートPCスタンド『Majextand』レビューこんにちは、カズヤです。パソコン作業をしていると肩が凝るし、猫背もひどくなりますよね。特にMacBookってキーボードに傾斜がないから、ちょっと角度をつけたい。今回...

安さを求めるなら

「スタンドに6,000円は高いよ〜」という方はこちらがおすすめです。

2,600円ほどなので、Majextandの半額くらいの値段になります。デザインにこだわらないのであればおすすめです。

③スリーブケース

最後はスリーブケースです。

スリーブケースを一緒に買うべき理由
  • アルミボディは傷がつきやすい
  • 裸で持ち運ぶと落としたときに壊れる
  • どんなカバンでも気にせず持ち運べる

こういった理由から、スリーブケースも買った方がいいです。

リュックに入れていても落としたりぶつけたりするとマズいので、スリーブケースがあると安心です。

おすすめ:drip Leather MacBook Case

僕が使っているのはこれです。

本革を使用しており、使い込むごとに味がでてきて最高なんですよ。MacBookを持ち運ぶのが楽しくなります。

革製品が好きな方ならマジでおすすめです。

機能性を求めるなら

機能性を求めるならこちらがおすすめ。

素材は合皮ですが、「小物ポケット付き」「スタンド機能付き」ということでかなり優秀なスリーブケースです。

てか、MOFTっていい製品多いですね。

M1 MacBook Airに必須ではないもの

M1 MacBook Airに必須ではないもの
  • USB-Cマルチハブ
  • 外付けストレージ
  • 縦置きスタンド

上記は、「あったら便利だけど、必須ではないもの」です。ご自分の使用環境に合わせて購入を検討してみてください。

①USB-Cマルチハブ

MacBook AirはUSB-Cポートしか搭載していません。

そのため、「SDカード」「USB-A」「HDMIケーブル」を使用するなら、USB-Cマルチハブが必要になります。

とはいえ、最近はUSB-Cポートだけでも十分なくらいに時代が追いついてきているので、なくてもよかったりします。

たとえば、カメラのデータはWi-Fi対応のSDカードを使っても転送できます。

外部ディスプレイもUSB-Cケーブル一本で接続できるタイプが増えてきました。

こんな感じで、USB-Cマルチハブはあると便利ですが、絶対に必須なアイテムではありません。

②外付けストレージ

外付けストレージがあると、MacBookのデータ容量がいっぱいになっても快適に運用できます。

もしMacBook本体のストレージでは足りなくなってきたら、外付けストレージにデータを移行しましょう。

③縦置きスタンド

MacBookを「クラムシェルモード」で使用するときに便利なのが、縦置きスタンドです。

クラムシェルモードとは、MacBookのディスプレイを閉じて、外付けディスプレイに接続する方法。

縦置きスタンドがあると作業エリアが広くなるので、外部ディスプレイを使用する方にはおすすめなアイテムです。

M1 MacBook Airに不要であるもの

M1 MacBook Airにはいらないもの
  • モバイルバッテリー
  • 液晶保護フィルム
  • キーボードカバー

あくまで個人的な意見ですが、この3点は不要かなと思っています。

①モバイルバッテリー

モバイルバッテリーが不要である理由
  • M1チップは消費電力が少ない
  • 最大18時間のバッテリーを搭載している
  • 持っていてもよほど使うことがない

こういった理由から、モバイルバッテリーは不要です。

M1にチップが変わってから、MacBookを充電する機会が激減しました。家で100%充電しておけば1日中作業していても使い切れないレベルですよ。

シンプルに充電器をカバンに入れておけば十分です。

②液晶保護フィルム

液晶保護フィルムが不要である理由
  • 本来の画面のキレイさが失われる
  • キーボードの跡がつきやすくなる
  • そもそも画面に傷がつくことが稀

こういった理由から、保護フィルムも不要ですね。

せっかくディスプレイに定評があるMacBookを楽しまないのはもったいないですよ。

使用後にクロスでディスプレイとキーボードを軽く拭けばOKです。

③キーボードカバー

キーボードカバーが不要である理由
  • キーボードの見た目が汚くなる
  • 画面に汚れがつきやすくなる
  • タイピング感が損なわれる

キーボードカバーも不要です。

上記の3点に加えて、M1 MacBookは「シザー式キーボード」に回帰したため故障もしにくくなりました。

「ドリンクをこぼしたら…」とか思うかもしれませんが、見た目と使用感を損ねてまで守る必要はないと思います。

あわせて読みたい
MacBookには「保護フィルム」も「キーボードカバー」もいらない3つの理由
MacBookには「保護フィルム」も「キーボードカバー」もいらない3つの理由MacBookに保護フィルムとかキーボードカバーって必要かな?できれば買いたくないけど大事に使いたいから悩むな〜。こういった悩みにお答えします。本記事の内容MacBook...

まとめ

M1 MacBook Airに必須であるもの
  • 2ポート充電器
  • ノートPCスタンド
  • スリーブケース
M1 MacBook Airに不要であるもの
  • モバイルバッテリー
  • 液晶保護フィルム
  • キーボードカバー
M1 MacBook Airに必須ではないもの
  • USB-Cマルチハブ
  • 外付けストレージ
  • 縦置きスタンド

M1 MacBook Airと一緒に買うものを紹介しました。

MacBookはアクセサリー・周辺機器が豊富でいろいろ買いたくなっちゃいますが、あれもこれもと買うとかなりの出費になってしまいます。

自分にとって必要なものと不要なものをしっかり判別して、快適なMacライフを送ってください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる