MENU

MacBookに保護フィルムとキーボードカバーはいらない理由【それぞれ3つ】

MacBookに保護フィルムとかキーボードカバーって必要かな?できれば付けたくないけど大事に使いたいから悩むなぁ。保護フィルム不要派の意見を知っておきたいな。

こういった悩みにお答えします。

本記事の内容
  • MacBookに保護フィルムはいらない理由
  • MacBookにキーボードカバーはいらない理由
  • MacBookに保護フィルムやキーボードカバーを付けないメリット
  • MacBookを傷や汚れから守るための方法

こんにちは、カズヤです。

MacBook Pro/Airを買ったら保護フィルムやキーボードカバーも一緒に買いたくなりますよね。

しかし、MacBook Pro/Airには保護フィルムもキーボードカバーも不要です。

僕も初めてMacBookを買ったときは保護フィルムを貼っていました。しかし使っているうちに「貼らないほうがいいな」と思ったので今はなにも貼らないで使っています。

結論をいうと以下のとおり。

保護フィルムがいらない理由
  • 画面の美しさが損なわれる
  • 逆に傷や汚れがつきやすい
  • そもそも傷つく機会がない
キーボードカバーがいらない理由
  • 見た目がなんかダサくなる
  • 閉じたときに画面が汚れる
  • タイピング感が損なわれる

上記の理由を深堀していきます。

記事の後半では「裸のMacBookを傷から守る方法」も書いたので参考にしてみてください。

記事を読み終えるころには、MacBookを裸で使う決心がついているはずですよ。

ちなみに、僕のMacBookは傷ひとつありません。

MacBookに必要なアクセサリーこちら

あわせて読みたい
M1 MacBook Airと一緒に買うもの【最低限必要なアクセサリー3つ】 M1 MacBook Airと一緒に買ったほうがいいおすすめアクセサリー・周辺機器ってなんだろう?無駄な出費は避けたいからおすすめなアクセサリー・周辺機器を教えてほしいな...
Contents

MacBookに保護フィルムはいらない3つの理由

  1. 画面の美しさが損なわれる
  2. 逆に傷や汚れがつきやすい
  3. そもそも傷つく機会がない

まずはMacBookに保護フィルムがいらない理由について詳しく解説します。

①画面の美しさが損なわれる

MacBook最大の魅力は「高品質で美しいディスプレイ」です。

その美しい画面を保護フィルムで台無しにしてしまうのはもったいないと僕は思います。

どのように台無しになるかというと以下のとおりです。

  • 光沢フィルム
    →映り込みが激しくなる
  • 反射低減フィルム
    →画面が白っぽくなる

このように、保護フィルムを貼ってしまうとMacBookの美しさが損なわれます。

ちなみに上記の写真は「反射低減フィルム」です。ぱっと見は気にならないかもしれませんが使ってるうちに画質が気になってきますよ。僕は剥がしました。

個人的には「保護フィルムを貼るくらいならもっと安いパソコンを買ったほうがいいのでは、、」と思ってしまいます。

②逆に傷や汚れがつくやすい

キーボードとディスプレイが干渉したら、、。

こういった心配から保護フィルムを貼りたくなる気持ちもわかります。

でもMacBookは、保護フィルムを貼ったほうが逆に傷がついたりしますよ。

なぜなら、キーボードとディスプレイとの隙間がなくなるからです。

  • キーボードとディスプレイの触れる面積が大きくなる
  • キーボードの皮脂汚れがディスプレイにべっとりつく
  • ゴミが圧迫して保護フィルムごとディスプレイが割れる

このように保護フィルムを貼ると、逆に傷や汚れがつきやすくなってしまいます。

特に保護フィルムごとディスプレイが割れたら意味ないですよね。

傷や汚れは保護フィルムにつきやすいだけでしょ?

このように思うかもしれませんが、MacBookを開けるたびに汚れを拭き取るのは正直面倒じゃないですか?

保護フィルムなしだと、ディスプレイとキーボードが干渉しないので快適に使用できますよ。

③そもそも傷つく機会がない

あとは、そもそもMacBookのディスプレイに傷がつくこと自体がレアケースですよ。

理由は以下のとおり。

  • キーボードとトラックパッドで操作する
    →ディスプレイに触らない
  • ディスプレイを内側にたたんで持ち運ぶ
    →ほかのモノと干渉しない
  • 基本的にはデスクの上に置いて操作する
    →落下させる危険がない

このようにMacBookのディスプレイに傷がつく機会なんてほとんどありません。

iPhoneやiPadと違い、MacBookに保護フィルムを貼るのは過剰保護でしかないですよ。

MacBookはたぶん以下のように思っていますよ。

いやいや待てよ、キーボードにお菓子の食べかすとかあったら傷つくんじゃない?

こういった意見があるかもしれませんが、そもそもお菓子などを食べながらの作業は控えればいいと思います。

お菓子を食べながら作業したい人は、MacBookではなくもっと安価なパソコンを買うべきだと思うので、MacBookに保護フィルムはいらないです。

もし保護フィルムを貼るなら絶対に剥がさない覚悟で貼りましょう。というのも1度貼った保護フィルムを剥がすとMacBookのコーティングまで剥がれてしまい画面に傷や汚れがつきやすくなります。

なので、僕からは、あとで剥がす可能性があるなら最初から貼らないほうがいいとお伝えします。

MacBookにキーボードカバーはいらない3つの理由

  • 見た目がなんかダサくなる
  • 閉じたときに画面が汚れる
  • タイピング感が損なわれる

続いてMacBookにキーボードカバーがいらない理由について詳しく解説します。

①:見た目がなんかダサくなる

上記の写真は、MacBookにキーボドカバーをつけてしばらく作業したあとの様子です。

なんかすごく残念な気持ちになりますよね。

キーボードカバーをつけると、MacBookのスタイリッシュなデザインが台無しになります。

②:閉じたときに画面が汚れる

クリアタイプのカバーを使わなきゃ見た目が崩れないじゃん。

こういった意見があるかもしれません。

でも保護フィルムと同じで、キーボードカバーをつけるとディスプレイと干渉して汚れやすくなるんですよね。

繰り返しですが、MacBookを開けるたびに、べっとりと付着した皮脂汚れを見るのは本当にテンションが下がります。

毎回汚れを拭き取るのは面倒なので、キーボードカバーはいらないですよ。

③:タイピング感が損なわれる

あとは、タイピングもやりにくくなりますね。

キーボードカバーは「シリコン」「TPU」といったゴムのような素材を使用しているため、とにかく指が引っかかります。

タイピングしているとカバーがずれたりもするし、ストレスが溜まるんですよね。

キーボードを保護するよりも、快適にタイピングできたほうが僕はいいと思います。

排熱効率も悪くなるらしい

MacBookはキーボードでも排熱をしているため、キーボードカバーをつけてしまうと故障の原因にもなります。

キーボードを保護して本体に悪影響があるなら意味ないですよね。

動画編集やイラスト制作をされる方はキーボードカバーをつけるべきではないです。

そんなわけでMacBookには、保護フィルムもキーボードカバーの不要だと僕は思っています。

MacBookに保護フィルムやキーボードカバーを付けないメリット

ここまでMacBookに保護フィルムもキーボードカバーも不要だということを述べてきました。

とはいえ、まだ納得できない人がいるかもしれません。

そこで、MacBookに保護フィルムやキーボードカバーを付けないメリットも紹介しておきます。

MacBookに保護フィルムを付けないメリット
  • 本来の美しい画面を楽しめる
  • フィルムの縁が埃で汚れない
  • フィルム買い替え費用が浮く
MacBookにキーボードカバーを付けないメリット
  • 本来の美しいデザインを楽しめる
  • 画面にキーボード跡が付着しない
  • キーボードカバー購入費用が浮く

MacBookに保護フィルムやキーボードカバーを付けないメリットは上記のとおりです。

これでもまだ心配な人は、次の章で紹介する「裸のMacBookを傷や汚れから守る方法」をご覧ください。

MacBookを傷や汚れから守るメンテナンス方法

MacBookに保護フィルムもキーボードカバーもいらない理由はわかった。でもキーボードにゴミが溜まったら故障しそうだし、そのゴミで画面が傷付きそうで怖い。

こういった声もありますよね。

しかし、MacBookを「定期的なメンテナンス」で守っていれば、傷も汚れも故障もありませんよ。

メンテナンスは面倒かもしれませんが、道具を丁寧に扱うと、仕事や人間関係が良好になるので試してみてください。

仮に傷がついてもApple製品は高値で売却できます。下手に保護するよりも「毎日の使用感」を重視したほうがいいなと僕は思いますよ。

そんなわけで、僕が実際に使用しているメンテナンス道具を紹介します。

キーボードのゴミは『エアダスター』で吹き飛ばす

キーボードのゴミは『エアダスター』で噴き出すことができます。

キーボードにゴミが溜まりすぎると故障の原因になるので「週1回」でも掃除してあげましょう。

ちなみに、エアダスターを使用する掃除方法はApple公式でも推奨されているので問題ありません。

皮脂汚れは『ウエットシート』で拭き取る

『ウェットティッシュ』で拭くとMacBookが新品のように輝きます。

特にキーボードの皮脂汚れが頑固なので、クリーニングクロスよりもウェットティッシュで拭いたほうがいいです。

朝一にMacBookを起動させたとき新品のようだと気分が上がりますよね。

「ウェットティッシュならなんでもいいの?」と思うかもしれませんが、必ず『ノンアルコールタイプ』を選びましょう。

アルコールタイプの場合、ディスプレイやキーボードの「コーティング」が剥がれてしまい、傷や汚れがつきやすくなってしまいます。

以下のウェットティッシュはノンアルコールタイプなので安心して使ってください。

あわせて読みたい
MacBookにおすすめな掃除アイテム3選【大切に使おう】 MacBookにおすすめな掃除アイテムってなんだろう?なんでもいいのかな? こういった疑問にお答えします。 本記事の内容 MacBookにおすすめな掃除アイテム3選MacBookを安...

まとめ:MacBookは保護アクセサリーよりも掃除道具を揃えよう

保護フィルムがいらない理由
  • 画面の美しさが損なわれる
  • 逆に傷や汚れがつきやすい
  • そもそも傷つく機会がない
キーボードカバーがいらない理由
  • 見た目がなんかダサくなる
  • 閉じたときに画面が汚れる
  • タイピング感が損なわれる

そんなわけで、MacBookに保護フィルムとキーボードカバーはいらないです。

せっかくデザインが特徴なMacBook。ありのままでの使用をおすすめします。

モノを丁寧に扱うと、仕事や人間関係も自然と丁寧になり人生が豊かになりますよ。

「売却時に高く売りたいから」という人がいるかもしれませんが、仮に減額されても2,000円くらいです。

そう考えると逆に保護アクセサリーを揃えるほうが高いですよね。

というわけで、保護アクセサリーよりも掃除道具を揃えて快適なMacライフを送りましょう。

MacBookにおすすめな周辺機器・アクセサリー

あわせて読みたい
M1 MacBook Airと一緒に買うもの【最低限必要なアクセサリー3つ】 M1 MacBook Airと一緒に買ったほうがいいおすすめアクセサリー・周辺機器ってなんだろう?無駄な出費は避けたいからおすすめなアクセサリー・周辺機器を教えてほしいな...

MacBookにおすすめなリュック

あわせて読みたい
Apple製品に最適化されたリュック。incase 『City Compact Backpack』レビュー incaseの『City Compact Backpack』が気になる。実際の使い心地とか見た目について詳しく知りたい。 こういった疑問のお答えします。 本記事の内容 incase City Compact...
あわせて読みたい
iPhoneに保護フィルムはいらない3つの理由【貼らないメリットもある】 iPhoneに保護フィルムって必要かな?貼らないよりは貼ったほうがいいと思うけど、できれば貼りたくないなぁ。保護フィルム不要派も意見を知りたい。 こういった疑問にお...
あわせて読みたい
【シンプル】iPadに保護フィルムはいらない理由【代替案あり】 iPadに保護フィルムって必要かな?裸で使いたいけど傷が入ったら藤原竜也みたいに絶望しそうだしな、、 こういった悩みにお答えします。 本記事の内容 iPadに保護フィル...
あわせて読みたい
【裸族】iPhoneにケースはいらない3つの理由【デメリットがある】 iPhoneにケースって必要かな?できれば裸で使いたい。でも手が滑って落としたときのことを考えたらケースは必要かもなぁ。iPhoneを裸で使ってる人の意見を聞いて決めよ...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

Contents
閉じる