MENU

MacBookに保護フィルムとキーボードカバーはいらない3つの理由【対策あり】

MacBookには保護フィルムもキーボードカバーも不要です。

なぜなら、保護することで生まれるデメリットもあるから。また、そもそもMacBookはふつうに使えば傷つきません。

とはいえ、どうしても保護しないと不安な人や、売却を考えてキレイに使いたい人もいますよね。

そこで今回は、MacBookを3年以上愛用している僕が以下を解説します。

本記事の内容

  • MacBookに保護フィルムとキーボードカバーはいらない理由
  • MacBookを保護アクセサリーなしで傷や汚れから守る方法3選

MacBookを大事にしたい気持ちはわかりますが、Macの良さは美しいデザインにワクワクしながら作業できるところです。

そんなMacBookの良さを保護フィルムやキーボードカバーで消してしまうなんて愚の骨頂ですよ。

この記事を読めば、MacBook Pro/Airに保護フィルムとキーボードカバーが不要であることがわかり、気持ちよく使えるようになるでしょう。

MacBookに本当に必要なアクセサリーをまとめました

あわせて読みたい
【超厳選】M1 MacBook Airと一緒に買うもの【最低限必要なアクセサリー3つ】 MacBook Air(M1)はアクセサリー・周辺機器を揃えることで快適に使用できます。 とはいえ、いろいろなものがありすぎて「どれを選べばいいの?」と迷いますよね。 そこ...
目次

MacBookに保護フィルムはいらない3つの理由

理由は以下の3つ。

  1. Macのディスプレイを楽しめない
  2. 厚みが増して閉じたときに汚れる
  3. そもそも画面が傷つくことがない

①:Macのディスプレイを楽しめない

MacBookの魅力は「Retinaディスプレイ」です。

Retinaディスプレイは、通常のディスプレイのおよそ2倍の高画素密度を保持しており、この美しい画面に惹かれてMacBookを購入した人が多いのではないでしょうか。

しかし、保護フィルムを貼ってしまうと、以下のようにMacBookのメリットが台無しになってしまいます。

  • 光沢フィルム
    →映り込みが激しくなる
  • 反射低減フィルム
    →画面が白っぽくなる

保護フィルムを貼っていた昔の画像があったので載せておきます。

アンチグレア(反射低減)フィルムを貼った様子

写真では伝わりにくいかもですが、保護フィルムを貼ると目が疲れるんですよね。

MacBookの画面を守るよりも、自分の目を守りましょう。

②:厚みが増して閉じたときに汚れる

MacBookって驚くほど薄いですよね。

ここまで薄い理由はなぜかわかりますか?それは画面とキーボードの間にスペースがないからです。

そのため、MacBookに保護フィルムを貼ってしまうと以下の現象が起こります。

  • 保護フィルムがキーボードを圧迫する
  • 画面とキーボードの故障の原因になる
  • キーボード跡で保護フィルムが汚れる

つまり、MacBookを閉じるたびに画面が汚れたり傷ついたりするわけです。

「保護フィルムだから気にしない」と思うかもですが、毎回画面が汚れているのは嫌ですよね。

汚れの目立たないフィルムを貼っていたとしても、キーボードを圧迫し続けるのはMacBookに悪影響です。

③:そもそも画面が傷つくことがない

あとは、そもそもMacBookのディスプレイは簡単に傷がつきません。

理由は以下のとおり。

  • 画面を閉じて持ち運ぶ
    →画面が鋭利なものと干渉しない
  • タッチパネルではない
    →画面を頻繁に触るわけではない
  • 歩きながら使用しない
    →本体を落として画面が割れない

このようにMacBookのディスプレイに傷がつく機会なんてありません。

iPhoneやiPadと違い、MacBookに保護フィルムを貼るのは過保護でしかないですよ。

保護フィルムを貼られたMacBookはたぶんムーディ勝山と同じことを思っているでしょう。

というわけで、MacBookに保護フィルムは不要です。

MacBookにキーボードカバーはいらない3つの理由

MacBookのキーボードに水分をこぼしたら故障します。

そのため、「キーボードカバーは必要かな?」と考える人も多いでしょう。

しかし、以下の3つの理由からキーボードカバーも必要ないです。

  1. 使い込むと見た目が汚くなる
  2. 閉じたときに画面に跡がつく
  3. 指が引っかかって打ちにくい

①:使い込むと見た目が汚くなる

以下の写真はMacBookにキーボードカバーをつけて1ヶ月くらいした状態です。

だいぶ残念な状態…

もちろんこれは僕が選んだキーボードカバーが悪いのもありますが、どのキーボードカバーを選んでもデザインはマイナスになりますよ。

MacBookを選ぶ多くの人は「デザインがかっこいいから」なはずです。

キーボードカバーをつけるとMacBookのデザインが台無しになるのでおすすめしません。

ちなみにデザインに興味がないなら、価格も機能もWindows PCのほうが優れていますよ。

②:閉じたときに画面に跡がつく

これは保護フィルムと同じ理由です。

MacBookは設計上、画面とキーボードの間にスペースがほぼありません。

なのでキーボードカバーを使ってしまうと、

  • 閉じたときにキーボードが圧迫される
  • 画面とキーボードの故障の原因になる
  • 画面にカバーの汚れが付着してしまう

といった現象が起こるんですよね。

「汚れは毎回拭けばいい」と思うかもですが、毎回同じところに汚れがつくと拭いても消えなくなる可能性があります。

また、「作業するときだけ使えばいいじゃん」とも思うかもですが、きっと使っているうちに外すのが面倒になると思います。

結局キーボードカバーを持ち運ぶのを忘れたのをきっかけに「もう使わなくていいや」となるのがオチです。

③:指がひっかかって打ちにくい

キーボードカバーを使うと、タイピングにも悪影響がでます。

キーボードカバーはシリコン素材を使用しているため、とにかく指が引っかかって打ちにくいんですよね。

たとえば、スムーズに次のキーに指を移せなかったり、カバーが外れてしまったりします。

キーボードを保護するのは大事かもですが、カバーによって作業性が悪くなったら意味ないですよね。

そんなわけで、MacBookにキーボードカバーは不要です。

水分や食べかすからキーボードを守りたいなら、そもそもMacBookの近くにコップを置かないとか画面を閉じて食べるとかで対策しましょう。

MacBookを保護アクセサリーなしで傷や汚れから守る方法

MacBookには保護フィルムもキーボードカバーも必要ないです。

とはいえ、高価なMacBookを裸で使うのは怖いですよね。

そこでおすすめなのが以下の3つの方法です。

  1. エアダスターで埃や塵を吹き飛ばす
  2. ウェットシートで皮脂汚れを拭きとる
  3. クリーニングクロスでゴミを取り払う

順番に解説します。

①:エアダスターで埃や塵を吹き飛ばす

キーボードに埃や塵が溜まると故障の原因になります。

シザー式キーボードのMacBook Pro/Airではだいぶ改善されましたが、それでも定期的にメンテナンスしないと壊れてしまうでしょう。

そこでおすすめなのが「エアダスター」です。

エアダスターは、細いノズルから強力なガスを噴出することで埃や塵を噴き出してくれます。

「逆にキーボードが故障するんじゃないの?」と思うかもですが、エアダスターの使用はApple公式でも推奨されているので問題ありません。

②:ウェットシートで皮脂汚れを拭きとる

画面やキートップに皮脂汚れがあると気になりますよね。

クリーニングクロスで綺麗になればいいのですが、頑固な汚れだと簡単には取れません。

そこでおすすめなのが「ウェットシート(ノンアルコールタイプ)」です。

ウェットシートで画面やキートップを定期的に拭いてあげれば、いつまでも新品のようなMacBookを使えますよ。

ここで注意してほしいのが、必ず「ノンアルコールタイプ」を選ぶということです。

アルコールを含んだクリーナーは、ディスプレイやキーボードの「コーティング」が剥がしてしまいます。

コーティングが剥がれると傷や汚れがつきやすくなるので、絶対にノンアルコールタイプで拭きましょう。

③:クリーニングクロスでゴミを取り払う

画面やキーボードにゴミがついたまま閉じてしまうと傷の原因になります。

そこでMacBookで作業が終わったら「クリーニングクロス」で表面をサッと拭いてあげましょう。

「起毛素材」のクロスを使用すれば簡単にゴミを取り込めるのでおすすめです。

MacBookを大切に使いたいなら、保護アクセサリーを使うのではなく「掃除アクセサリー」を使いましょう。

まとめ:MacBookは保護アクセサリーよりも掃除道具を揃えよう

保護フィルムがいらない理由

  1. Macのディスプレイを楽しめない
  2. 厚みが増して閉じたときに汚れる
  3. そもそも画面が傷つくことがない

キーボードカバーがいらない理由

  1. 使い込むと見た目が汚くなる
  2. 閉じたときに画面に跡がつく
  3. 指が引っかかって打ちにくい

さいごまで読んでいただきありがとうございます。

MacBook Pro/Airに保護フィルムとキーボードカバーがいらない理由を解説しました。

MacBookは設計上、保護フィルムやキーボードカバーのスペースがありません。無理やり保護してしまうと、逆に故障の原因になるのでやめましょう。

じゃあ何でMacBook用の保護フィルムやキーボードカバーは売られているの?というと、それは「売れるから」。

アクセサリーメーカーも儲かるから作っているだけです。

Apple Storeでは売られていないので、MacBookには保護フィルムもキーボードカバーも必要ないですよ。

冒頭でも言いましたが、Macの良さは美しいデザインにワクワクしながら作業できるところです。

あわせて読みたい
【超厳選】M1 MacBook Airと一緒に買うもの【最低限必要なアクセサリー3つ】 MacBook Air(M1)はアクセサリー・周辺機器を揃えることで快適に使用できます。 とはいえ、いろいろなものがありすぎて「どれを選べばいいの?」と迷いますよね。 そこ...
あわせて読みたい
iPhoneに保護フィルムはいらない3つの理由【実は不要だった】 iPhoneに保護フィルムは不要です。 なぜなら、最近のiPhoneは傷がつきにくく割れにくいから。 とはいえ、なんとなく不安だから、コーティングが剥がれるから、売却価値...
あわせて読みたい
【断言】iPadに保護フィルムはいらない3つの理由【裸で使おう】 Apple製品が好きな方なら、iPadを裸で使いたい気持ちがあるでしょう。 とはいえ、iPadの画面に傷がついたらショックだし「保護フィルムだけは必要かな…」と、なかなか裸...

Amazonで買い物するなら「ギフト券チャージ」をしよう

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる