ガジェット

MacBookに「保護フィルム」と「キーボードカバー」がいらない理由

こんにちは、カズヤです。

MacBookに保護フィルムとかキーボードカバーって付けた方がいいかな?

できれば付けたくないけど、長く大事に使いたいから悩む…。

この疑問を解決します。

結論からいうと、MacBook Pro/Airには保護フィルムもキーボードカバーも”不要”です。

理由は以下のとおり。

【保護フィルムがいらない理由】

  1. 画面の美しさが損なわれる
  2. 逆に傷や汚れがつきやすい
  3. そもそも傷つく機会がない

【キーボードカバーがいらない理由】

  1. 見た目がなんかダサくなる
  2. 閉じたとき画面に跡がつく
  3. タイピング感が損なわれる

「大事なPCだし保護して大切に使いたい!」という気持ちもわかります。

しかし、本当に大切に使うつもりであるなら、保護フィルムもキーボードカバーを付ける必要がそもそもありません。

というわけで、MacBookに「保護フィルム」と「キーボードカバー」がいらない理由について詳しく解説していきます。

記事の後半では「MacBookを傷や汚れから守るメンテナンス方法」も紹介しますので参考にしてみてください。

ちなみに僕は、2年ほど同じMacBookを保護フィルムもキーボードカバーも付けずに使っていますが傷も故障もありません。

MacBookに『保護フィルム』がいらない3つの理由

  1. 画面の美しさが損なわれる
  2. 逆に傷や汚れがつきやすい
  3. そもそも傷つく機会がない

上記の3つの理由から「MacBookに保護フィルムはいらない」という結論になりました。

①:画面の美しさが損なわれる

MacBookの『Retinaディスプレイ』ってとにかく綺麗ですよね。

しかし、保護フィルムを貼ってしまうと、Retinaディスプレイの魅力がなくなってしまうんですよね。

たとえば以下のように。

  • 光沢フィルム
    映り込みが激しくなる
  • 反射低減フィルム
    画面全体が白っぽくなる

このように、MacBookの魅力を消してしまうので、保護フィルムは不要です。

②:逆に傷や汚れがつきやすい

キーボードと画面が干渉して、傷や汚れが付きそう…。

こんな心配から、保護フィルムを貼りたくなる気持ちもわかります。

しかし、保護フィルムを貼ってしまうと、MacBookを閉じたときに画面を圧迫してしまい、逆に傷や汚れのリスクが高くなるんですよね。

たとえば…

  • キートップに付着した皮脂汚れが、画面にも付着
  • キーボードの間のゴミで、フィルムも画面も割れる

上記のようになります。

なぜかというと、MacBookは”極限までに薄いボディ”を実現するために「画面とキーボードの間」を極限まで省いているからです。

なので、画面とキーボードの間に何かを挟んでしまうと、逆に傷や汚れがつきやすくなるんですよね。

③:そもそも傷つく機会がない

そもそも、MacBookの画面に傷がつくシーン自体がレアケースです。

“iPhone”“iPad”なら以下のように傷や汚れがつくシーンはあります。

  • 画面をタッチで操作する
    →皮脂汚れが付着
  • 画面剥き出しで持ち運ぶ
    →他のモノと干渉して傷がつく
  • 手で持ちながら操作する
    →落下して画面を割る危険性がある

上記のように、”iPhone”や”iPad”には保護フィルムが必要だと思っています。

しかしMacBookの場合はどうでしょう。

  • キーボードとトラックパッドで操作する
    →画面に触る機会がない
  • 画面を閉じて持ち運ぶ
    →画面と他のモノが干渉しない
  • デスクに置いて操作する
    →落下する危険性がない

上記のように、冷静に考えてみると画面を守る必要なんてありませんよね。

でも万が一のために貼っておいた方がいいのでは?

という気持ちはわかりますが、先述したとおり、保護フィルムを貼ることのデメリットの方が心配なので、僕は何も貼らずに使用しています。

【保護フィルムを貼るデメリット】

  • 画面の美しさが損なわれる
  • 逆に傷や汚れがつきやすい

そんなわけで、僕はMacBookに保護フィルムは”いらない”という結論に至りました。

続いて「キーボードカバーがいらない理由」について説明します。

MacBookに『キーボードカバー』がいらない3つの理由

  1. 見た目がなんかダサくなる
  2. 閉じたとき画面に跡がつく
  3. タイピング感が損なわれる

上記の3つが、MacBookにキーボードカバーはいらない理由です。

ちなみに、故障が多いといわれる「バタフライ構造」のキーボードであってもキーボードカバーは不要という結論になっています。

①:見た目がなんかダサくなる

MacBookにキーボードカバーをつけると、見た目が白っぽくなり、ダサくなります。

さらにタイピングをしていると、写真のように汚くなってしまいます。

僕はMacBook Proのデザインが好きで購入したので、このキーボードカバーの汚さに耐えられなくなかったです…笑

※ちなみに写真にあるパームレストフィルムも、いまは剥がしています。

②:閉じたとき画面に跡がつく

クリアタイプのカバーを使わなければ見た目がダサくなったりしないんじゃない?

と思ったかもしれません。

しかし、MacBookはキーボードカバーも保護フィルムも付けないことを前提に設計されているので、キーボードカバーをつけてしまうと、画面とキーボードが干渉してしまうんですよね。

MacBookを開くたびに画面の掃除をするのはかなり面倒でした。

※ちなみに0.1mmの極薄カバーでも、キーボードの跡は画面に付いてしまいます。

③:タイピング感が損なわれる

MacBookにキーボードカバーを付けてしまうと使用感も損なわれます。

なぜなら、キーボードカバーは素材に「シリコン」「TPU」を使用しており、タイピングのときに指が引っかかるからです。

これは慣れで解決できるかもしれませんが、僕はキーボードカバーを外したときの方が圧倒的に打ちやすかったので、付けないことにしました。

補足:排熱効率も悪くなるらしい

MacBookはキーボードの隙間からも排熱を行なっています。

なので、キーボードカバーを付けてしまうと、本体に熱がこもって故障してしまうかもしれないんですよね。

キーボードを守っていても、MacBook本体を守れていないなら意味ないと思うので、キーボードカバーは付けるべきではありません。

僕はそんなに重たい作業をしないので事実はわかりませんが、どこかの記事で見たので一応補足として紹介しておきますね。

MacBookを傷や汚れから守るメンテナンス方法

キーボードに埃が侵入したら故障するって聞くしな…。それに、売却するときは綺麗な方が高く売れるじゃん。

こういった心配をされている方は、アクセサリーで守るのではなく、“定期的なメンテナンス”でMacBookを守りましょう。

そこで、普段僕が使用しているMacBookのメンテナンス道具を紹介します。

下手に保護するよりも、定期的にメンテナンスをしてあげた方が、MacBookへの愛着が湧くのでおすすめです。

それでは紹介していきます。

エアダスター

僕は『エアダスター』を使用して、MacBookのキーボードから埃や塵を吹き出しています。

頻度は「週1回」くらいでOKです。

「そんなの使用して本当に大丈夫なの?」と思うかもしれませんが、エアダスターでの掃除方法は、Apple公式でも推奨している方法です。

ウエットシート

画面の汚れ、キートップの汚れは『ウェットティッシュ』で拭き取るだけでOKです。

ウェットティッシュなら何でもいいの?

と思うかもしれませんが、ウェットティッシュは「ノンアルコールタイプ」を選びましょう。

アルコールタイプで拭いてしまうと、画面やキーボードのコーティングが剥がれて、傷や汚れが付きやすくなってしまいます。

上記で紹介した『エレコム』は「ノンアルコールタイプ」なので安心です。

【まとめ】MacBookに”保護フィルム”も”キーボードカバー”もいらないです

【保護フィルムがいらない理由】

  1. 画面の美しさが損なわれる
  2. 逆に傷や汚れがつきやすい
  3. そもそも傷つく機会がない

【キーボードカバーがいらない理由】

  1. 見た目がなんかダサくなる
  2. 閉じたとき画面に跡がつく
  3. タイピング感が損なわれる

MacBookに保護フィルムもキーボードカバーもいらない理由について紹介しました。

MacBookは高価なPCだし保護したくなる気持ちもわかります。

しかし、下手にアクセサリーで保護をしないことで、日々のメンテナンスや扱い方の意識が変わるんですよね。

道具を大事にすることは、仕事のやる気にも繋がります。

以上のことから、MacBookを大切にしたい人こそ、保護フィルムもキーボードカバーもいらないという結論になりました。

というわけで、せっかくMacBookを買ったなら掃除道具も揃えちゃいましょう

ちなみに僕はiPadにも保護フィルムはいらないと思っています。詳しくは以下の記事をご覧ください。