MacBookには「保護フィルム」も「キーボードカバー」もいらない3つの理由

MacBookに保護フィルムとかキーボードカバーって必要かな?
できれば買いたくないけど大事に使いたいから悩むな〜。

こういった悩みにお答えします。

本記事の内容
  • MacBookに保護フィルムはいらない3つの理由
  • MacBookにキーボードカバーはいらない3つの理由
  • MacBookを傷や汚れから守るメンテナンス方法

こんにちは、カズヤです。

MacBook Pro/Airを買ったら、保護フィルムやキーボードカバーも一緒に買いたくなりますよね。しかし、MacBook Pro/Airには保護フィルムもキーボードカバーも不要です。

なぜなら、保護フィルムやキーボードカバーを着けることのデメリットの方が気になるからです。特に大事に使いたい人なら、そもそもアクセサリーで保護する必要がありません。

僕は1年ほど、MacBookに保護フィルムもキーボードカバーも着けずに使用しましたが、傷や故障は一切ありませんでした。売却時も減額されなかったです。

この記事を読むことで、保護アクセサリー購入の迷いが晴れ、毎日気持ちよくMacBookを使用することができますよ。

目次

MacBookに保護フィルムはいらない3つの理由

  1. 画面の美しさが損なわれる
  2. 逆に傷や汚れがつきやすい
  3. そもそも傷つく機会がない

このような理由から、MacBookに保護フィルムは不要です。詳しく解説します。

①画面の美しさが損なわれる

MacBookの魅力は、とにかく高品質で美しいディスプレイです。その美しい画面を、保護フィルムで台無しにしてしまうのはもったいないと思います。

  • 光沢フィルム
    →映り込みが激しくなる
  • 反射低減フィルム
    →画面が白っぽくなる

このように保護フィルムを貼ってしまうと、MacBookの美しい画面が損なわれるんですよね。

個人的な意見ですが、MacBookに保護フィルムを貼るくらいなら、ほかの安いパソコンを使った方がいいと思っています。

②逆に傷や汚れがつくやすい

キーボードとディスプレイが干渉して傷とか汚れがついたら、、。

こういった心配から保護フィルムを貼りたくなるかもしれませんが、逆にディスプレイが汚れたり傷がついたりしますよ。

なぜなら、キーボードとディスプレイとの隙間がなくなるからです。

  • キーボードとディスプレイの触れる面積が大きくなる
  • キーボードの皮脂汚れがディスプレイにべっとりつく
  • ゴミが圧迫して保護フィルムごとディスプレイが割れる

このように保護フィルムを貼ると、逆に傷や汚れがつきやすくなってしまいます。特に保護フィルムごとディスプレイが割れたら意味ないですよね。

汚れについて「ディスプレイ本体につくわけではないから」と思うかもしれませんが、MacBookを起動するたびに皮脂汚れを目の前にするのはだいぶテンション下がりますよ。

③そもそも傷つく機会がない

というか、そもそもMacBookのディスプレイに傷がつくこと自体がレアケースですよ。

  • キーボードとトラックパッドで操作する
    →ディスプレイに触らない
  • ディスプレイを内側にたたんで持ち運ぶ
    →ほかのモノと干渉しない
  • 基本的にはデスクの上に置いて操作する
    →落下させる危険がない

このようにMacBookのディスプレイに傷がつく機会なんてないんですよね。

iPhoneやiPadなら保護フィルムはあってもいいかもしれませんが、MacBookではただの過剰保護でしかないですよ。

いやいや待てよ、キーボードに食べかすとかあったらディスプレイが傷つくじゃん。

こういった意見があるかもしれませんが、MacBookを大事に守りたいのなら、そもそも何かを食べながら作業しない方がいいと思います。もっと安価なパソコンを買いましょう。

MacBookにキーボードカバーはいらない3つの理由

  • 見た目がなんかダサくなる
  • 閉じたときに画面が汚れる
  • タイピング感が損なわれる

こういった理由から、MacBookにはキーボードカバーも不要です。詳しく解説します。

①:見た目がなんかダサくなる

「MacBookのキーボードは故障しやすい」と有名だったので、僕も昔はキーボードカバーをつけていました。

しかし、写真のようにかなりダサい見た目になってしまいました。MacBookのスタイリッシュなデザインが好きな僕はすぐに外しましたね。

とにかく見た目が汚くて、使っていて気持ちがいいとはいえません。

②:閉じたときに画面が汚れる

クリアタイプのカバーを使わなきゃ見た目が崩れないじゃん。

こういった意見があるかもしれませんが、キーボードカバーをつけると皮脂汚れがディスプレイにべっとりとついてしまうんですよね。

保護フィルムの件と同じで、ディスプレイとキーボードの接地面積が広くなるからです。

繰り返しですが、MacBookを起動するたびにべっとりと付着した皮脂汚れを見るのは本当にテンションが下がります。

③:タイピング感が損なわれる

あとは、タイピングもやりにくくなりますね。

キーボードカバーは「シリコン」「TPU」といったゴムのような素材を使用しているため、とにかく指が引っかかります。

タイピングしているとカバーがずれたりもするし、ストレスが溜まるんですよね。

キーボードを保護するよりも快適にタイピングできた方がいいと思います。

排熱効率も悪くなるらしい

動画編集のような高負荷作業をする方は注意ですね。

MacBookはキーボードでも排熱をしているため、キーボードカバーをつけてしまうと故障の原因にもなりかねません。

キーボードを保護して本体に悪影響があるなら意味ないですよね。

MacBookを傷や汚れから守るメンテナンス方法

ゴミがキーボードに侵入したら故障しそうだしな。それにキレイな状態で売却したい、、。

こういった人は「定期的なメンテナンス」で、MacBookを傷や汚れから守りましょう。

アクセサリーで保護するよりもMacBookを楽しく使えるし、愛着がわいて仕事のやる気も上がりますよ。

もし仮に傷が入ってしまったとしても、Apple製品は高値で売却できます。それなら毎日の使用感を重視した方がいいと思います。

そんなわけで、僕が実際に使用しているメンテナンス道具を紹介します。

キーボードのゴミは『エアダスター』で吹き飛ばす

メンテナンスの頻度は「週1回」くらいでOKです。

エアダスターを使用するのは、Appleの公式サイトでも推奨されているので故障の心配もありませんよ。

MacBookのキーボードのお手入れ方法【Apple公式サイト】

外出先でも使いたいな〜。

こういった人には「ロケットブロワー」がおすすめです。

手動ですが、カバンの中に入れても邪魔にならず携帯性に優れています。

皮脂汚れは『ウエットシート』で拭き取る

ディスプレイやキーボードの汚れは『ウェットティッシュ』で簡単に拭き取れます。

注意点として、ウェットティッシュは『ノンアルコールタイプ』を必ず選びましょう。

アルコールタイプの場合、ディスプレイやキーボードの「コーティング」が剥がれてしまい、傷や汚れがつきやすくなってしまいます。

携帯用には次のクリーナーがおすすめです。

キーボードの皮脂汚れがめちゃくちゃ落ちますし、ウェットティッシュと合わせれば新品の輝きが戻りますよ。

『スリーブケース』でアルミを保護する

MacBookのアルミボディは傷が付きやすいので、僕はスリーブケースを使っています。

ちなみにこれです。

ちょっと高めではありますが、本革素材は育てがいもあって愛着が湧くんですよね。

「ちょっと高い…」という方はこちらのスリーブケースがおすすめです。

PCスタンドにもなるので使い勝手はかなり高いはず。

まとめ

MacBookに保護フィルムはいらない理由
  • 画面の美しさが損なわれる
  • 逆に傷や汚れがつきやすい
  • そもそも傷つく機会がない
MacBookにキーボードカバーはいらない理由
  • 見た目がなんかダサくなる
  • 閉じたときに画面が汚れる
  • タイピング感が損なわれる

MacBookに保護フィルムやキーボードカバーはいらないです。

せっかくの使用感を損ないためにも何もつけないで使用することをおすすめします。

日々メンテナンスをしていれば、傷や汚れがつくことなんてないので過剰保護する必要はないですよ。

繰り返しですが、Apple製品は傷や汚れがあったところでたいして減額されません。

あわせて読みたい
【2021年】M1 MacBook Airと一緒に買うもの【3つだけ】
【2021年】M1 MacBook Airと一緒に買うもの【3つだけ】M1 MacBook Airと一緒に買った方がいい周辺機器ってなんだろう?逆にいらない周辺機器とかあるかな?こういった疑問にお答えします。本記事の内容M1 MacBook Airに必須...
あわせて読みたい
MacBookに必須。世界最薄ノートPCスタンド『Majextand』レビュー
MacBookに必須。世界最薄ノートPCスタンド『Majextand』レビューこんにちは、カズヤです。パソコン作業をしていると肩が凝るし、猫背もひどくなりますよね。特にMacBookってキーボードに傾斜がないから、ちょっと角度をつけたい。今回...
あわせて読みたい
【シンプル】iPadに保護フィルムはいらない理由【Appleを信じよう】
【シンプル】iPadに保護フィルムはいらない理由【Appleを信じよう】iPadに保護フィルムって必要かな?裸で使いたいけど、傷が入ったら藤原竜也になるしな、、う〜ん悩むこういった悩みにお答えします。本記事の内容iPadに保護フィルムは...
あわせて読みたい
iPhoneにケースはいらない3つの理由【デメリットがある】
iPhoneにケースはいらない3つの理由【デメリットがある】こんにちは、カズヤです。こういった悩みにお答えします。【本記事の内容】iPhoneにケースはいらない3つの理由ケースなしiPhoneを安全に使用する方法この記事を書いてい...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる