MENU

【2022年】iPhoneにおすすめな充電器4選【失敗しない】

iPhoneの充電器ってどれ買えばいいんだろう?適当に選んで使えなかったら嫌だからおすすめを教えてほしい。ついでに充電関係で便利なアイテムも知りたいなぁ。

こういった疑問にお答えします。

本記事の内容
  • iPhone用充電器の選び方
  • iPhoneにおすすめな充電器4選
  • iPhoneにおすすめな充電関連製品4選

こんにちは、カズヤです。

最近のiPhoneには充電器が付属してこないため、自分で充電器を購入する必要があります。

しかし、iPhone用の充電器はさまざまな種類があって「どれを選べばいいの?」と迷いますよね。

そこで今回は、iPhoneにおすすめな充電器を4つ厳選して紹介します。

適当に充電器を選ぶと後悔する可能性があるので、ぜひ本記事を参考に自分に合った充電器を見つけてください。

この記事を読めば、iPhoneにおすすめな充電器がわかり、快適な生活を送れるようになるでしょう。

【結論】iPhoneにおすすめな充電器はこの4つ!

目次

iPhone用充電器の選び方

iPhoneの充電器はさまざまな種類がありますが、どれを選んでもいいわけではありません。

適当に選ぶと後悔する可能性があります。

そこで、iPhoneの充電器は以下の4つに注目して選びましょう。

  1. USB-C PDに対応しているか
  2. 最大30Wクラスの出力があるか
  3. 自分の利用シーンに適しているか
  4. 信頼できるメーカーであるか

順番に解説します。

①:USB-C PDに対応しているか

USB-C PDとは、USB-Cコネクタに対応した急速充電規格のことです。

USB-C PD対応充電器は、通常の充電器よりも高価ですが、高速で充電できるので断然効率的。

具体的にいうと、iPhoneのサイズにもよりますが「30~120分」くらいは早く充電できます。

どうせ充電器を買うなら少しでも効率が良いほうがいいですよね。

ちなみに、iPhoneに付属する充電ケーブルは、USB-C PD対応の充電器にしか挿さりません。

②:最大30Wクラスの出力があるか

充電器のワット数は「30Wクラス」がおすすめです。

理由は以下のとおり。

  • iPhoneを高速充電するには「20W以上」が必要
  • iPhone 13 Pro Maxは「最大27W」で充電できる
  • iPadやMacBook Airの充電は「30W以上」が必要

ふつうにiPhoneを充電するだけなら20Wでも十分ですが、30Wを選んでおけば、今後サイズアップしたり、iPadやMacBookを買ったりしたときに融通が効きます。

ちなみに、ワット数の大きい充電器(100Wとか)を使う分には問題ありません。iPhone側で自動的に電力を抑えてくれます。

ただ、高出力になるほど充電器の価格と重量がアップするので、なるべく30Wクラスに抑えるのがおすすめです。

③:自分の利用シーンに適しているか

充電器にもさまざまな特徴があります。

せっかく購入するなら、自分の利用シーンに適した充電器を選びましょう。

たとえば、

  • 自宅や職場で利用する
    →タブレットやパソコンと一緒に充電できる複数ポートタイプを選ぶ
  • 旅行やカフェで利用する
    →少しでも持ち運びやすいように軽量でコンパクトタイプを選ぶ

こんな感じです。

ふつうの充電器を使うのもいいですが、自分の利用シーンに合わせて複数所持しておくといいでしょう。

④:信頼できるメーカーであるか

「メーカーなんてどこでもいいでしょ」と思うかもですが、充電器に関してはメーカーの信頼度がかなり重要。

というのも、あまり信頼のないメーカーの充電器を使うと「火災の原因」になるからです。

特に聞いたこともないメーカーの激安商品は「USB-C PD」の決まりを守っていない粗悪品の可能性が高いので注意しましょう。

ちなみに、Apple純正はシンプルに高価すぎるので、サードパーティ製で安心できるメーカーのものを買うのがおすすめです。

iPhoneにおすすめな充電器4選

そんなわけで、iPhoneにおすすめな充電器は以下の4つ。

Anker(アンカー)は利用者もかなり多く、充電関連の製品においてトップクラスに信頼のおけるメーカーなのでおすすめです。

順番に紹介していきます。

①:Anker NanoⅡ 30W

Anker NanoⅡ 30Wは、最大30W出力の充電器です。

30W出力に対応していながら、かなりコンパクトなのが魅力。

電源プラグが折りたためないため持ち出しには向かないのですが、「自宅の据え置き充電器」としてはこれで十分かなと思います。

Anker
¥2,990 (2022/02/13 09:07時点 | Amazon調べ)

②:Anker PowerPort Atom Ⅲ Slim 30W

Anker PowerPort Atom Ⅲ Slim 30Wは、世界最薄の30W充電器です。

厚さが1.6mmしかなく、とにかくコンパクトなので持ち運びに適しています(重量も57gと軽い…!)。

手のひらに乗せると小ささが際立つ。

もちろん電源プラグは折りたたみ式です。

とにかくスマートなので、ジャケットやズボンのポケットに入れて持ち運びもできます。

充電スタイルは賛否両論ありますが、僕はあまり気になりません。

この充電器は僕も愛用しており、「持ち運びやすい充電器がほしい!」という方には超絶おすすめです。

③:Anker PowerPort Atom PD2

Anker PowerPort Atom PD2は、USB-C PDポートが2口ある60W充電器です。

こちらも僕の愛用品。

充電ポートが2口あるので、iPhoneを2台iPhoneとiPadの同時充電ができます。

2ポート同時使用しても「30W+30W」と充電器2つ分の力を発揮するのが魅力です。

この充電器があれば自宅はもちろんですが、友達や家族と旅行したときにコンセントの奪い合いをしないで済みますよ。

複数デバイスを充電したい方には超絶おすすめです。

④:Anker PowerPort Ⅲ 2-Port 65W

Anker PowerPort Ⅲ 2-Port 65Wは、USB-C PDポートが2口ある65W充電器です。

「Anker PowerPort Atom PD2」よりも高価ですが、サイズがコンパクトかつ軽量な点、出力が5W大きい点が魅力。

たとえば、「少しでも荷物を軽くしたい」「MacBook Proを持っている」という人はこちらの充電器がおすすめです。

iPhoneにおすすめな充電関連製品4選

iPhoneにおすすめな充電器の紹介は以上ですが、「これもあると充電関係が便利になる!」というアイテムがあるので合わせて紹介します。

  1. ワイヤレス充電器【ケーブル不要で楽チン】
  2. MagSafe充電器【iPhone12以降ならコレ】
  3. モバイルバッテリー【外出時の安心材料】
  4. ケーブルクリップ【充電ケーブルを束ねる】

①:ワイヤレス充電器【ケーブル不要で楽チン】

ワイヤレス充電器は、iPhoneを置くだけで充電ができる優れものです。

つまり、充電の際にいちいちケーブルを挿す必要がなくなります。

充電速度は有線よりも遅くなるのですが、1度この手軽さに慣れれば病みつきになりますよ。

②:MagSafe充電器【iPhone12以降ならコレ】

MagSafe充電器は、iPhoneをマグネットで貼り付けて充電できる画期的な製品です。

ワイヤレス充電とは違って充電コイルの位置がズレないので、確実に充電できるのが魅力。

MagSafeは「iPhone 12以降のモデルのみ対応」ではありますが、対応しているiPhoneを持っているなら導入する価値ありますよ。

③:モバイルバッテリー【外出時の安心材料】

旅行や出張のときにスマホの電池が切れたら困りますよね。

そういったときに活躍するのがモバイルバッテリーです。

最近のモバイルバッテリーは小型で大容量のものが多いので、カバンに1つ忍ばせておくと安心材料になりますよ。

iPhoneの充電約2回分

MagSafe対応(充電役1回分)

④:ケーブルクリップ【充電ケーブルを束ねる】

充電ケーブルを持ち運ぶときに便利なのが「ケーブルクリップ」。

充電ケーブルをそのままカバンやポーチに入れるとごちゃごちゃするので、束ねるアイテムがあると便利です。

安物でも十分ですが、どうせ使うなら本革の経年変化を楽しめる商品を僕はおすすめします。

充電ケーブルを追加するならおすすめ

まとめ:iPhoneを購入したら適切な充電器も買おう

iPhoneにおすすめな充電器

さいごまで読んでいただきありがとうございます。

iPhoneにおすすめな充電器を紹介しました。

iPhone向けの充電器はさまざまな種類があるのでぜひご自身に合った充電器を見つけてください。

「昔のiPhoneの付属充電器でいいや」と思うかもですが、昔の付属充電器は最大5Wまでしか出力がありません。

5WではiPhoneの充電に4~5時間はかかるので、急速充電に対応したUSB-C PD充電器を買いましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

目次