SOUNDPEATS Air4 レビュー|サブ機として最高の選択肢になる完全ワイヤレスイヤホン

「ちょうどいいサブ機ないかなぁ…」

僕にとってイヤホンはスマホと同じくらいの必需品。
仕事に集中するため、移動中の暇つぶし、就寝前のリラックスタイム…ほぼ丸一日耳にはめています。

普段はAirPods Pro 2を愛用しているのですが、所持しているイヤホンはこれひとつだけ。

なので、「もし紛失したら…」という不安が常にありました。

「サブ機」となるイヤホンも探していたのですが、なかなか満足できる製品がない…。
テキトーに買っても使わないだろうし、だからといってサブ機に高いお金を出すのも…と考えると購入まで至らないんですよね。

そんなときに「SOUNDPEATS」様より新製品提供のお声がけをいただきました。

中野和哉

スペックを見ただけでサブ機を探していた自分にピッタリ。
実際に使ってからも「え、本当にこの価格でいいの?」と驚く高コスパのワイヤレスイヤホンでした。

開放感のあるインナーイヤー型でありながら低音の迫力も感じられます。

8,000円台で買えるのでサブ機やコスパに優れたワイヤレスイヤホンを探している方におすすめです。

というわけで、「SOUNDPEATS Air4」をレビューしていきます。

メリット
  • 価格以上の音質を楽しめる
  • 装着感が軽い&開放感あり
  • 高音質規格に対応(CDレベルのロスレス音質)
  • アクティブノイズキャンセリング対応
  • マルチポイント対応
デメリット
  • ワイヤレス充電に非対応
  • タッチ操作に「曲戻し」がない
  • 操作方法のカスタマイズ不可
SoundPEATS(サウンドピーツ)

本記事はSOUNDPEATS様より製品提供を受けて作成しています。

目次

SOUNDPEATS Air4をレビュー

SOUNDPEATS  Air4

こちらが今回紹介する「SOUNDPEATS Air4」。

箱の質感が林檎マークのあれと似ていて、ちょっとテンション上がりました。

製品の特徴はザッとまとめると以下のとおりです。

特徴

  • インナーイヤー型の完全ワイヤレスイヤホン
  • 高音質規格に対応(Snapdragon Sound/aptX Lossless)
  • ANC(アクティブノイズキャンセリング)に対応
  • 13mmダイナミックドライバー搭載
  • マルチポイントに対応(最大2台まで)
  • 最大26時間再生可能(単体6.5時間)
  • 専用アプリあり

インナーイヤー型とは「耳に乗せるタイプ」のイヤホンです。
耳を圧迫するカナル型と違って、外の音も聞きやすくなっています。

「SOUNDPEATS Air4」の最大の特徴は、高音質コーデック(Snapdragon Sound/aptX Lossless)対応という点ですね。

インナーイヤー型で音質に力を入れる製品は少ないので、ちょっと珍しいタイプ。

カナル型が苦手な人にとっては嬉しいポイントでしょう。

Snapdragon Sound/aptX Losslessで音楽を聴くには対応するデバイスが必要です(※iPhoneは非対応)

スペック表

製品名SOUNDPEATS Air4
タイプインナーイヤー型
ドライバー13mmダイナミックドライバー
対応コーデックSnapdragon Sound / aptX Lossless / AAC /SBC
通信方式Bluetooth 5.3
バッテリー本体:6.5時間 / ケース込み:26時間
重量本体:4g / ケース込み:38g
サイズ53.5×24×58mm
充電端子USB-Type-C
ANC
外音取り込み×
装着検出機能×
ゲームモード
マルチポイント
ワイヤレス充電×
専用アプリ
防水規格IPX4
価格8,980円
SoundPEATS(サウンドピーツ)

外観・同梱物

同梱物は以下のとおり。

SOUNDPEATS  Air4 付属品
  • 本体
  • 充電ケーブル(USB-A to USB-C)
  • 取扱説明書

では、外観をチェックしていきます。

SOUNDPEATS  Air4

まず好印象なのがケースが「コンパクト」かつ「マット仕上げ」なところ。

持ち運ぶうえでケースの小ささは正義だし、指紋が目立ちにくいマット仕上げは高級感があって好きなんですよね。

SOUNDPEATS  Air4

ケース背面もかなりおしゃれ。

黒と金の配色ってDQNブランドみたいな汚い印象になりがちですが、「SOUNDPEATS Air4」にはまったくないです。

中野和哉

所有感を満たしたい人も気に入るはず。

SOUNDPEATS  Air4 AirPods Pro 2

AirPods Pro 2と比較してもかなりコンパクトなサイズ感。

質感はSOUNDPEATS Air4のほうが僕は好み。

ケースの蓋を開けてみる。
イヤホン本体もなかなかいいデザイン。

中央のLEDインジケーターはバッテリー残量を示しています(「緑→黄→赤」と変化)。

イヤホン本体は結構取り出しやすいです。

磁力は強くも弱くもなく、ちょうどいい感じ。

中野和哉

AirPods Proをメイン機にしている僕は「いつもの感じ」で取り出すことができました。

SOUNDPEATS  Air4

イヤホン本体はこんな感じ。

ケースと同じくマット仕上げになっており、形状は「AirPods」と同じスティック型です。

ロゴの部分がタッチパネルになっていて、指で触れることで以下の操作ができます。

再生/一時停止2回タップ
音量を下げる左側を1回タップ
音量を上げる右側を1回タップ
曲送り右側を1.5秒長押し
ANCモードの切り替え左側を1.5秒長押し
電話を受ける/切る左右どちらかをダブルタップ
着信拒否左右どちらかを1.5秒長押し(着信中)
通話切替左右どちらかを2秒長押し(通話中)
音声アシスタントの起動右側を3回タップ
ゲームモードの有効化/無効化左側を3回タップ

ちなみに「曲戻し」はないです。

SOUNDPEATS Air4

表側はこんな感じ。
もはやAirPods(ブラックver.)。

SOUNDPEATS Air4 AirPods Pro

ステム部分はAirPods Proよりも若干長いですね。

ちなみに、重量はSOUNDPEATS Air4のほうが軽いです。

SOUNDPEATS Air4
本体:SOUNDPEATS Air4(重量4g)
AirPods Pro 2
本体:AirPods Pro 2(重量5g)
SOUNDPEATS Air4
ケース込み:SOUNDPEATS Air4(重量39g)
AirPods Pro 2
ケース込み:AirPods Pro 2

専用アプリ

SOUNDPEATS Air4は専用アプリを使うことで、イコライザー(音質設定)をいじることができます。

SOUNDPEATSの専用アプリ

イコライザーは9つのプリセットから選んでも良し。
自分で自由にカスタマイズしても良しです。

イコライザーのプリセット
細かくカスタマイズもできる

イコライザーの設定で音質はかなり変わりますね。

中野和哉

もしどこかで試聴するなら、専用アプリを入れておくことをおすすめします。

SOUNDPEATS
SOUNDPEATS
開発元:yong yang
無料
posted withアプリーチ
SoundPEATS(サウンドピーツ)

SOUNDPEATS Air4を実際に使ってみた感想

「SOUNDPEATS Air4」を実際に1週間ほど使ってみました。

感想をまとめると以下のとおりです。

  • 装着感がまるで空気、デザインも良し
  • 音質は「ながら聴き」には十分すぎる
  • ANC×インナーイヤー型が意外と便利
  • 操作性はイマイチ

装着感がまるで空気、デザインも良し

インナーイヤー型の魅力でもありますが、装着感はかなり優秀です。

まるで空気のように軽く、バッテリーが切れるまで装着しっぱなしでも耳が痛くなりません。

また、首をブンブン振っても落ちる気配なし。
個人差はあるかもしれませんが、ランニング用のイヤホンとしても安心して使えます。

中野和哉

ファッションアイテムとしても優秀です。

音質は「ながら聴き」には十分すぎる

SOUNDPEATS Air4 Spotify

音質も「8,000円台のインナーイヤー型にしては頑張ってるな」と思いました。

「安かろう悪かろう」の理論で実はあまり期待していなかったのですが、これは嬉しい誤算でしたね。

とくに驚いたのが「低音の迫力」
13mmダイナミックドライバーを搭載しているだけあって結構しっかり鳴るんですよ。

安物イヤホンにありがちな「迫力だけ」の低音でもありません。
ズンズンと脳髄まで震わせてくれるので、EDMやロックも気持ちよく楽しめます。

高音や中音も変なクセがなくて聴きやすいです。
音場の広さはあまり感じられないのですが、「ながら聴き」ならこれで十分だと僕は思いました。

一度聴くと「え、本当にこの価格でいいの!?」と驚くはずですよ。

中野和哉

僕はiPhoneなので「Snapdragon Sound / aptX Lossless」の高音質コーデックでは聴いていないのですが、iPhoneでも十分に音質の良さは感じられました。

ANC×インナーイヤー型が意外と便利

SOUNDPEATS Air4

SOUNDPEATS Air4は、ANC(アクティブノイズキャンセリング)も搭載されています。

「開放感が魅力のインナーイヤー型」と「周囲の雑音を消すノイズキャンセル」

…両者は共存不可能だと勝手に思っていましたが、これが意外と良かった。

というのも、外で歩きながら音楽やラジオを聴くのにちょうどいいんですよね。

一般的なノイズキャンセリングイヤホンは、車や自転車が近くにいても気が付きにくくて少し怖い。
だからといってノイズキャンセルを切ると今度はコンテンツが聞こえない…。

SOUNDPEATS Air4は、周囲の環境音がちょうどよく聞こえます。
交通量の多い場所でラジオを聴いてもパーソナリティーの声はしっかり聞こえて「すごっ」と思いました。

静寂を作るためのノイズキャンセルではないですが、うるさい場所でもコンテンツを楽しめるようになっています。

中野和哉

通話用のイヤホンとしても便利です。

操作性がイマイチ

SOUNDPEATS Air4

ちょっと惜しいなと感じるのは「操作性」の部分です。

SOUNDPEATS Air4はタッチパネルで操作ができるのですが、これが「うーん」という感じ。

具体的には以下のとおり。

  • 操作方法の変更ができない
  • 曲戻しがない
  • タッチの感度が良すぎて誤動作しがち

僕は音楽の再生/停止を1タップでしたいのですが、SOUNDPEATS Air4は2回タップに割り当てられています。

SOUNDPEATS Air4の操作方法

再生/一時停止2回タップ
音量を下げる左側を1回タップ
音量を上げる右側を1回タップ
曲送り右側を1.5秒長押し
ANCモードの切り替え左側を1.5秒長押し
電話を受ける/切る左右どちらかをダブルタップ
着信拒否左右どちらかを1.5秒長押し(着信中)
通話切替左右どちらかを2秒長押し(通話中)
音声アシスタントの起動右側を3回タップ
ゲームモードの有効化/無効化左側を3回タップ

コスト的に削らざるを得なかったのかもしれませんが、せっかく専用アプリがあるなら操作方法を自由に変えられるようにしてほしかった…。

中野和哉

とはいえ、デメリットはこれくらいです。
ワイヤレス充電がないのは価格を考えれば目を瞑れます。

SOUNDPEATS Air4はこんな人におすすめ

「SOUNDPEATS Air4」は以下の方におすすめです。

  • 音楽やラジオを「ながら聴き」する人
  • 通話用のワイヤレスイヤホンがほしい人
  • ワイヤレスイヤホンのサブ機がほしい人

インナーイヤー型なので長時間装着していても耳が疲れません。
それでいて音質も結構いい。

また、ノイズキャンセリングの機能も搭載。
周囲の音がスッと消えるわけではありませんが、通話や音楽を楽しむにはかなり役に立ちます。

そんなワイヤレスイヤホンが8,000円台で購入可能。
サブ機として迎えるのにもちょうどいいのではないでしょうか。

SoundPEATS(サウンドピーツ)

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございます。

SOUNDPEATS Air4をレビューしました。

製品のメリット・デメリットをもういちど振り返りましょう。

メリット
  • 価格以上の音質を楽しめる
  • 装着感が軽い&開放感あり
  • 高音質規格に対応(CDレベルのロスレス音質)
  • アクティブノイズキャンセリング対応
  • マルチポイント対応
デメリット
  • ワイヤレス充電に非対応
  • タッチ操作に「曲戻し」がない
  • 操作方法のカスタマイズ不可

SOUNDPEATS Air4…想像以上に優秀なイヤホンでした。

インナーイヤー型×低価格帯…という点から音質にはあまり期待していませんでしたが、いい意味で裏切られる結果に。

デザインもミニマルで美しいし、アンダー1万円でこのクオリティを出すメーカーは見当たらないのではないでしょうか。

インナーイヤー型でも大丈夫なら、間違いなくおすすめできるワイヤレスイヤホンです。

気になる方はぜひチェックしてみてください。

中野和哉

正直、サブ機にしておくのも少しもったいないクオリティです。

SoundPEATS(サウンドピーツ)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメントはお気軽に!

コメントする

目次