MONOMAL オールインワンバックパック レビュー|最大26Lの可変式ミニマルリュック

「あ、これ今まで意外となかったな」

そんなリュックに出会いました。

僕は普段「ARC’TERYX グランヴィル16」をメインのリュックとして愛用しています。

アークテリクス グランヴィル16
今まで愛用しているリュック

ミニマリストな性分もあり、持っているリュックはこれひとつだけ。
旅行もこの16Lのリュックだけで行きます。

しかし、さすがに1週間以上の長期旅行になると、16Lの容量では中身がパンパン。

なので、パッキングのときは…

「あ、これ入らないか…」
「どれを諦めるべきか…」
「本当にこれ必要かな…」

…みたいに毎回ドラフト会議が繰り広げられています。

大きいリュックを買えばいいだけですが、

「たまにしか使わないものを持ちたくない」
「あまり大きすぎても普段使いがしにくい」

と、却下。
なので、何かいいバッグないかと常にアンテナを立てていました。

そんなときに出会ったのが「MONOMAL オールインワンバックパック」。

オールインワンバックパック
今回紹介するオールインワンバックパック

MONOMAL オールインワンバックパックは、荷物に応じて容量を拡張できる最大26Lのリュックです。

ぱっと見では13Lくらいの容量なのに、ファスナーを広げると「26L」に容量が増えます。

ぶっちゃけ、容量を拡張できるリュックはほかにもあるのですが、
今回のオールインワンバックパックほど小さいサイズを僕は知りません。

「26Lの容量なのに取り回しやすい」

という点が「ミニマリストにピッタリだ」と思ったので、実際に使ってみることにしました。

メーカー様からの提供品にはなりますが、
忖度なしでレビューしていくので興味のある方は参考にしてください。

MONOMAL オールインワンバックパックの特徴
  • 容量を拡張できる(最大26L)
  • 個性的な5角形フォルム
  • 荷物を2層に分けられる(ポケット7カ所)

本記事は「MONOMAL様」より製品提供を受けて作成しています。

目次

MONOMAL オールインワンバックパック レビュー

出典:MONOMAL

ブランドについて

出典:MONOMAL

「無駄を省いてムダを愛する」

MONOMALは機能性と使いやすさを兼ね備えた、今まで見たことのない新しいものづくりをテーマに、株式会社ワンズワードと、モノづくり・3Dプリンター系youtuberえふてぃーとの協業で生まれたブランドです。

出典:MONOMAL

MONOMAL(モノマル)というブランドは今回はじめて知ったのですが、ミニマル・シンプルを追求した商品を作成しているみたいですね。

商品化を手がける「ワンズワードワード」は2007年創業。
アパレル雑貨品のOEMメーカーとして幅広い商品作成を行っています。

クリエーションを手がける「えふてぃー」は、モノづくり・3Dプリンター系YouTuber。
2020年11月より活動開始。1年でチャンネル登録者15万人、総再生回数2億回を突破しています。 

中野和哉

ミニマル・シンプル好きの僕としては応援したいブランドですね。

基本スペックと特徴

では、オールインワンバックパックの基本スペックと特徴を紹介します。

基本スペックは以下のとおり。

ブランドMONOMAL(モノマル)
製品名オールインワンバックパック
サイズ縦41cm×横28cm×マチ約23~30cm
重量約750g
容量約26L(拡張時)
素材ナイロン
カラーブラック
価格19,800円(税込)

そして、主な特徴は以下の3つ。

MONOMAL オールインワンバックパックの特徴
  • 容量を拡張できる(最大26L)
  • 個性的な5角形フォルム
  • 荷物を2層に分けられる(ポケット7カ所)
中野和哉

とにかく「使いやすい」の一言に尽きる。
そんなバックパックですね。

上記を押さえつつ、本体をチェックしていきましょう。

外観をチェック

MONOMAL オールインワンバックパック

こちらが「MONOMAL オールインワンバックパック」です。

まずなんといっても「シンプル」な見た目ですよね。

余計な装飾がないため、サラリーマンがスーツと合わせても違和感ないでしょう。

中野和哉

ぱっと見はAerの「Day Pack 2」に近いデザインとサイズ感ですね。

正面からも見てみます。

MONOMAL オールインワンバックパック
正面

正面から見ると、5角形になっています。

僕はこれまでたくさんバックパックを見てきましたが、5角形は初見ですね。

ARC’TERYX グランヴィル16」も特徴的なフォルムをしていますが、こちらのオールインワンバックパックもかなり個性的です。

中野和哉

最近はシンプルさを追求しすぎて、似たようなリュックが溢れかえっています。
そんな中でもこうして個性を出してくるのは素晴らしいです。

MONOMAL オールインワンバックパック
背面

背面もシンプル。

ここは好みが分かれるポイントですが、背中部分はメッシュ素材ではありません。

デザイン的にはキレイですが、夏場は結構蒸れますね。

MONOMAL オールインワンバックパック
ショルダーハーネス

ショルダーハーネスもメッシュ構造ではないです。

夏場は蒸れます。

ただ、このショルダーハーネス、クッション性はそこそこあって背負い心地はいい感じですよ。

側面(拡張前)

側面です。
結構薄くていい感じですよね。

ちなみにこれは拡張前。

拡張後は…

MONOMAL オールインワンバックパック
側面(拡張後)

こうなります。

これだけ広がれば、かなりのモノが詰められそうですよね。

MONOMAL オールインワンバックパック

ちなみに、容量の拡張はファスナーの開閉でカンタンにできます。

MONOMAL オールインワンバックパック
底面のファスナーを開閉するだけ
MONOMAL オールインワンバックパック
ぐるっと1周させて広げるだけ

また、表面のナイロンは肉厚・光沢ありです。

安っぽさはまったく感じないし、軽い雨なら弾いてくれます。

MONOMAL オールインワンバックパック
ナイロンは触り心地よし

ショルダーハーネス部分も高級感のあるデザインです。

MONOMAL オールインワンバックパック
ハーネスはシートベルトっぽい質感

収納・ポケット

MONOMAL オールインワンバックパックには、

  • 収納:2層構造
  • ポケット:7つ(PCポケット含む)

が備わっています。

まず、ざっくりとした収納はこんな感じです。

MONOMAL オールインワンバックパック
収納は2層に分かれている

2層構造なので荷物を分類しやすいですね。

たとえば、前側に衣類を入れて、背中側に仕事道具を入れて…なんて分けると便利です。

とりあえず前側の収納を見てみましょう。

前側の収納

前側の収納にはポケットが3つあります。
スマホや財布はここに入れると便利ですね。

ちなみに、
③のポケットだけ少しマチが取られています。
厚みにあるものを入れるのに適していますね。

収納全体もガバッと開くので荷物を整理しやすいです。

オールインワンバックパック
ブランドロゴがひっそりとあるのもいいですね〜
MONOMAL オールインワンバックパック
背中側の収納

背中側の収納には、PCポケットが備わっています。

クッション性もある程度あるので、大切なPCも安心して持ち運べますね。

MONOMAL オールインワンバックパック
13インチのPCを収納可能

13インチのMacBook Airを収納するとこんな感じ。

固定するベルトのボタン部分はマグネット。カンタンに固定できます。

ちなみに、おそらく16インチは厳しいサイズですね。

MONOMAL オールインワンバックパック
前面のポケット

そして、前面に戻るとクイックアクセスポケットが1ヶ所。

大きさは…

MONOMAL オールインワンバックパック
前面ポケット

これくらいです。

見てのとおり、スマホは入らないですね。

ワイヤレスイヤホン・キーケース・ミニ財布・定期…などを入れるのに適しています。

MONOMAL オールインワンバックパック
側面のポケット(左右にあり)

あとは、両側面にもポケットがあります。

大きさはスマホがギリギリ収まる程度です。
ペットボトル・水筒は入らないので注意してください。

補足:上記画像のスマホは「iPhone 12 Pro Max」です。

ここにはワイヤレスイヤホン・ポケットティッシュ…などを入れると便利です。

実際に背負ってみた様子

拡張前

実際の着用感はこれ(172cm男性)。

シンプルなので服装を選ばないのがいいですね。
スーツと合わせても違和感ないと思います。

ちなみに、容量拡張時はこんな感じ。

拡張後

ほかの可変式バックパックは大きすぎて、
ウーバー⚪︎ーツの配達員みたいになるのですが、

オールインワンバックパックは元々のサイズが小さいせいか、容量拡張してもスマートさを保っていますね。

次の感想でも書いていますが、26Lの容量を備えながら取り回しやすいのは大きな魅力です。

MONOMAL オールインワンバックパックの良かったところ

ここからは、オールインワンバックパックを実際に使ってみた感想をお伝えします。

まず良かったポイントから。

MONOMAL オールインワンバックパックの良かったところ
  • コンパクトで取り回しやすい
  • 長く背負っていても疲れない
  • PCをすぐに取り出しやすい

①:コンパクトで取り回しやすい

オールインワンバックパック最大の魅力は、なんといっても「取り回しやすさ」ですね。

5角形のフォルムが効いているのか、実際に使うと、見た目以上にコンパクトで使いやすいです。

電車の中、飲食店のカウンター席、サウナのロッカー…などでこの小ささは正義ですね。

グランヴィル16 オールインワンバックパック
左:グランヴィル16 右:オールインワンバックパック

僕は普段「パソコン」と「充電器」と「スマホ」くらいしか持ち歩かないため、

正直グランヴィル16でも「大きいな…」と感じていました。

でもオールインワンバックパックは、「ちょっとそこまで」でも使いやすいリュックです。

オールインワンバックパック
手持ちスタイルでも使いやすいです(夏場は助かる)

また、「ファスナーで容量を拡張できる」というのも大きな魅力。

最大の魅力なので何度も伝えますが、

ファスナーを広げると容量が26Lに拡張されます。

容量拡張後

この拡張機能は、「出先で荷物が増えたとき」にめちゃくちゃ便利なんですよね。

たとえば、

  • 仕事帰りにスーパーで買い物をしたとき
  • 思いがけない買い物をしてしまったとき
  • 人からお土産やプレゼントをもらったとき

など。

コンパクトなリュックだと困るシーンでも、オールインワンバックパックなら容量を拡張すればいいだけ。

エコバッグ・レジ袋で対処しなくていいのがめちゃめちゃ便利です。

中野和哉

エコバッグとかレジ袋って、真っ直ぐ帰るならいいけど、そうでない場合はめっちゃ邪魔になりますよね。

  • 普段は13Lくらいの超コンパクトリュック
  • 出張や荷物が増えたときは26Lのリュック

こういった使い方をできるのは、ミニマリスト的に想像以上に良かったです。

②:長く背負っていても疲れない

背負い心地もかなり良好ですね。

MacBookとiPadを一緒に持ち運んでも、あまり肩の疲れは感じませんでした。

これは「リュックのサイズ」「ショルダーハーネスの太さ」が関係しているんだと思います。

というのも、オールインワンバックパックは、サイズのわりにショルダーハーネスが極太なんですよね。

太すぎw

26Lのリュックとしては妥当な太さなのですが、容量拡張前は13Lくらいのリュックです。

「13Lの小型リュック」でこのハーネスの太さは見たことないですよね(褒め言葉)。

実際に背負ってみるとわかりますが、「小型リュック×極太ハーネス」は新感覚で気持ちいいですよ。

中野和哉

容量拡張後の背負い心地は「まぁ普通かな」って感じですが、拡張前のコンパクトな状態だと軽すぎてビビります。

③:PCをすぐに取り出しやすい

オールインワンバックパックは、PCをすぐに取り出せるのも魅力です。

収納が2層に分かれているため、荷物をパンパンに入れているときでも干渉しないんですよ。

収納が1つしかないと、

「ほかの荷物を取り出す→PCを取り出す→ほかの荷物を戻す」

という面倒な作業が必要ですが、

オールインワンバックパックではスムーズにPCを取り出せます。

PCポケットが独立してある

荷物が多い日のカフェ作業、出張移動中の新幹線の中なんかは便利です。

仕事帰りにジムに行く人も多いと思いますが、

「前側に衣類」「背中側にPCや書類」みたいに分けられるのはいいですよね。

MONOMAL オールインワンバックパックの気になるところ

続いて、気になる点。

僕が感じたのは以下の2つですね。

MONOMAL オールインワンバックパックの気になるところ
  • 容量拡張ファスナーが使いにくい
  • 止水ジップを採用してほしかった

①:容量拡張ファスナーが使いにくい

オールインワンバックパックは、ファスナーを開くことで容量を拡張できるのが魅力ですが、

このファスナーがちょっと使いづらいですね…。

言葉だけで説明が難しいので画像で解説します。

容量拡張する場合、ぐるっとファスナーを開ける
そして、開く(ここまで問題なし)

だけど…

この戻すときの差し込みがあまりうまくいかない

…という感じ(ファスナー自体は気持ちいいくらいスムーズです)。

まぁ慣れればスムーズに差し込めるし、そんな頻繁に広げることもないのですが、
ここがちょっと惜しいと感じました。

圧縮バッグの機構を取り入れると解決するので、改良するともっといい製品になると思います。

圧縮バッグはカンタンに開閉できる(こんな感じで改良してほしい…!)

②:止水ジップを採用してほしかった

あとは「止水ジップ」が採用されていれば最高でしたね。

オールインワンバックパックは止水ジップではないため、雨の日に使いにくいです。

止水ジップはほしかった…

最近は急な豪雨も多いため、リュックに防水性を求める人も多いと思います。

コスト削減やファスナーのスムーズさを優先した結果なのかもですが、

パソコンを持ち運ぶ僕にとっては「価格を少し上げてでも止水ジップを採用してほしい」と思いました。

中野和哉

止水ジップにするとデザインもよりシンプルになるので、改良版があったらぜひ採用してほしい…!

MONOMAL オールインワンバックパックはこんな人におすすめ

MONOMAL オールインワンバックパックの特徴を踏まえると、以下の方におすすめです。

MONOMAL オールインワンバックパックをおすすめできる人
  • たまに出張・プチ旅行をする人
  • リュックをひとつにまとめたい人
  • 通勤用のリュックを探している人

MONOMAL オールインワンバックパックは、容量に応じてサイズを広げられます。

「出張とかプチ旅行用に大きいリュックがほしいけど、たまにしか使わないからなぁ…」

という人にとっては最適解とも言えるリュックでしょう。

また、ミニマリストのように「リュックを何個も持ちたくない」という人も可変式は嬉しい機能だと思います。

デザインもシンプルなので、通勤用のリュックとしても相性抜群です。

まとめ:MONOMAL オールインワンバックパックは旅行も行けちゃうミニマルリュック!

最後まで読んでいただきありがとうございます。

MONOMAL オールインワンバックパックをレビューしました。

MONOMAL オールインワンバックパックの良かったところ
  • コンパクトで取り回しやすい
  • 長く背負っていても疲れない
  • PCをすぐに取り出しやすい
MONOMAL オールインワンバックパックの気になるところ
  • 容量拡張ファスナーが使いにくい
  • 止水ジップを採用してほしかった

MONOMAL オールインワンバックパックは、小型のリュックでありながら26Lまで容量を拡張できます。

容量を拡張できるリュック自体は別に珍しくありませんが、

小型サイズで…っていうのは意外となかったリュックですね。

中野和哉

デザインではほかにもっと優れているリュックがあるのですが、使い勝手が良すぎて結構気に入っちゃいました。

というわけで、記事は終わります。

製品が気になる方はぜひチェックしてみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメントはお気軽に!

コメントする

目次