リクナビNEXTはブラックばかりと言われる3つの理由【結論:気にしなくていい】

「リクナビNEXTの求人はブラックばかりって聞くけど本当?」

という疑問にお答えします。

本記事の内容
  • リクナビNEXTはブラック求人ばかりと言われる理由3つ
  • リクナビNEXTにあるブラック求人を回避する方法3つ
  • 確実にブラック企業を避けたいなら転職エージェントを使おう

リクナビNEXTは利用者No.1の転職サイトですが、
ブラック求人ばかりなら利用したくありませんよね。

結論、リクナビNEXTがブラック求人ばかり…
というのは気にしなくてOKです。

たしかにリクナビNEXTにブラック企業からよ求人はあります。
しかしそれはどの転職サイトを使っても同じ
結局は「自分でブラック企業を見分ける力」が重要になります。

とはいえ、

なぜ、リクナビNEXTがブラック求人ばかりと言われるのか?気になるかと思います。

また、

リクナビNEXTを使って転職活動をするなら、
ブラック企業の見分け方も知っておきたいですよね。

そこを本記事では解説します。

この記事を読めば、
転職活動で失敗するリスクを下げられるでしょう。

ぜひ最後まで読んでみてください。

リクナビNEXTを使うなら早めに登録がおすすめです。
常日頃からチェックしておけば、年中求人を募集しているブラック企業を避けられます。

\ 転職希望者の8割が利用! /

目次

リクナビNEXTはブラックばかりと言われる3つの理由

なぜリクナビNEXTはブラック求人ばかりと言われるのか?

その理由は以下の3つです。

  1. 低コストで求人募集ができるから
  2. 転職サイトはあくまで広告だから
  3. シンプルに利用者の数が多いから

順番に解説します。

①:低コストで求人募集ができるから

リクナビNEXTにブラック企業が紛れてしまうのは「求人掲載費用が安いから」です。

リクナビNEXTに求人を掲載するには20万円ほどの費用が必要ですが、これくらいの金額であればどの企業でも支払えそうですよね。

求人掲載費用は、リクナビNEXT以外の転職サイトもほとんど同じです。

出典:リクルート

つまり、転職サイトはお金がないブラック企業でも求人掲載がしやすい…ということになります。

リクルートエージェントの場合、企業は採用者の年収から30%ほどをエージェントに支払う必要があります。100万円以上になるのでブラック企業はなかなか掲載できません。

そのため、リクナビNEXTにブラック企業が紛れてしまうのは仕方のないことなんですよね。

ちなみに「ハローワーク」は求人掲載費用が無料です。それを考えると…もうわかりますよね。

②:転職サイトはあくまで広告だから

「リクナビNEXTは何でブラック企業の求人も載せるの?サービスの評価が下がるし排除したほうがよくない?」

そんな疑問が浮かんできますよね。

しかし、リクナビNEXT側からすると求職者の気持ちはあまり考える必要がないんですよ。

なぜなら、リクナビNEXTは「企業から掲載費用をもらえればそれでOK」だから。

リクナビNEXTは企業からの求人掲載費用で成り立っている営利企業です。
なので、少しでも多くの企業から求人掲載依頼を受けたほうが得策というわけ。

つまり、転職サイトにある求人はあくまで「広告」に過ぎません。

そのため、明らかにブラック企業だとわかっていても知らんふりをするわけです。

転職サイトにとっては「ブラック企業を排除する=利益が減る」わけですからね。

だから、リクナビNEXTからブラック企業が消えることはありません。

カズヤ

何度も繰り返しますが、絶対にブラック企業を避けたいならリクルートエージェントを利用しましょう。

リクルートエージェントは、転職者がすぐに辞めると報酬が入らない仕組みとなっています。
そのため、ブラック企業の排除に力を入れているわけです。

③:シンプルに利用者の数が多いから

転職サイトはマイナビ転職、doda、エン転職などたくさんあります。

その中でも「リクナビNEXTはブラックが多い」と言われるのは、シンプルに利用者が多いからです。

リクナビNEXTは転職者の8割が利用しています。
つまり、転職サイトを代表してリクナビNEXTがいろいろ言われているだけです。

先述したとおり、転職サイトにブラック求人が多いのはビジネスモデルが原因。

ほかの転職サイトを利用しても同じなので、リクナビNEXTだけが悪いわけではありません。

また、ネットの意見というのは悪評が目立ちやすいものです。

(満足している人はあまり書き込まないですよね)。

なので、「リクナビNEXTはブラックばかり」というのは気にしなくて大丈夫です。

カズヤ

次章で解説する「ブラック企業求人の見極め方」をマスターすればリクナビNEXTでも転職成功しやすくなります。

リクナビNEXTにあるブラック求人を回避する方法3選

リクナビNEXTをはじめ、転職サイトには少なからずブラック求人があります。

じゃあどうすればいいんだ…という方のために「ブラック企業を避ける方法」をまとめました。

転職サイトを利用するときは以下の3つに注意しましょう。

  1. 口コミや評判を調べる
  2. 要注意フレーズを探す
  3. 長期掲載求人は避ける

上記を意識すればブラック求人を避けることができます。順番に見ていきましょう。

①:口コミや評判を調べる

応募したい求人が見つかったら、その企業の口コミや評判を調べてみましょう。

口コミや評判を見ると、

  • 給料や福利厚生について
  • 残業時間について
  • 社内の雰囲気について

など、求人情報だけではわからないリアルな実態が把握できます。

ネットで検索するのも良いですが、検索サイトは気軽に投稿できるぶんウソや悪評が目立ちやすいです。

カズヤ

ライバル企業がウソの悪評を書き込む…なんて噂もありますからね。

なので、口コミや評判を調べるなら、ユーザー登録の必要な「転職会議」がおすすめ(無料です)。

もちろんすべてを鵜呑みにするのはダメですが、参考にはなりますよ。

②:要注意フレーズを探す

求人票のフレーズに注目するのもひとつの手です。

ブラック企業というのは「求人が魅力的に見えるような甘いフレーズ」をよく使っています。

たとえば以下。

  1. 努力次第で年収〇〇万円!
    →頑張っても上がらない可能性もある
  2. 経験よりもやる気を重視!
    →ノルマが厳しく精神論を強いられる
  3. 成長できる職場環境です!
    →業務負担が大きくかなり働かされる
  4. 若い人が活躍しています!
    →離職率が高くて社員がすぐに辞める
  5. アットホームな職場です!
    →仕事ばかりでプライベートが消える

こういったフレーズを見つけたら要注意です。

疑いすぎて動けなくなるのも良くないですが、基本的に情報は疑ってチェックしましょう。

カズヤ

とくに「専門スキルが必要ないのに年収が高い」のはブラック労働を強いられるだけです。要注意。

ちなみにホワイト求人の見分け方は「社員の平均年齢が高い」「給料や勤務時間が明確に表記されている」です。

③:長期掲載求人は避ける

年中ずっと求人掲載している企業も避けたほうが無難でしょう。

ずっと掲載しているということは、それだけ人が辞めるからです。

つまり、離職率が高いといえるのでブラック企業の可能性があるんですよね。

転職サイトに掲載する費用はあるけど、社員を使い捨てている企業もあるので注意してください。

長期掲載している求人かどうかはすぐにはわからないので、転職サイトにはなるべく早めの登録がおすすめです。

日頃から求人チェックをしていれば、年中求人を募集しているブラック企業を避けられます。

カズヤ

僕は仕事の休憩時間に「引っ越し先を探す感覚」で求人を見ていました。無料だし暇つぶしになるので見てみてください。

転職活動が不安なら「転職エージェント」を利用しよう

「はじめての転職だから不安…」「ブラック企業には絶対入りたくない…」

そんな方は、転職エージェントを利用しましょう。転職エージェントは、あなたの転職活動を”無料”でサポートしてくれるサービスです。

リクナビNEXTでは自分ひとりでの転職活動になりますが、転職エージェントは二人三脚なので、はじめての転職活動でも心強いですよ。

ちなみに、転職エージェントが無料で利用できるのは「企業から成果報酬をもらっているからです」。あなたは1円も必要ありません。

おすすめは「リクルートエージェント」です。理由は業界No.1だから。

転職エージェントのメリット

「転職エージェントを使うと何がいいの?」というと以下のとおり。

  • 自分に合う求人を紹介してくれる
  • 企業の内部事情を調査してくれる
  • 面接対策のサポートをしてくれる

「転職したいけどやりたい仕事がわからない…」という人も多いと思います。

しかし、転職エージェントに相談すればプロのカウンセリングから思わぬ適職が見つかるかもしれません。

また、転職エージェントは企業と常に連絡を取り合っています。

企業のリアルな仕事内容や雰囲気も教えてくれるので、ブラック企業を回避するのにも役立ちますよ。

「報酬のために嘘つかれるんじゃないの?」と思うかもしれませんが、採用者がすぐに辞めると報酬をもらえない仕組みなので無理やり紹介されることはありません。

むしろ、ブラック企業を紹介してすぐ退職されると時間の無駄。

なので普段からブラック企業でないかを徹底的に調べているみたいですよ。

まぁカンタンにいうと「転職に失敗したくないなら転職エージェントを使わないと損」ですね。

カズヤ

自分で最高の求人を見つけられるならリクナビNEXTでいいのですが、そうでないなら転職エージェントを使いましょう。

転職エージェントは相談のみでもOK

「まだ転職するかわからないし…」という人も多いと思いますが、転職エージェントは相談のみでもOKです。

登録したからといって必ず転職しないといけないわけではないので、気軽に利用して大丈夫ですよ。これは実際に転職エージェント側でも言及されています。

リクルートエージェント
出典:リクルートエージェント

「とはいっても実際は転職するように圧力をかけられるんでしょ?」と思うかもしれませんが、

転職エージェントは無理に転職させても意味がないことを知っています。

転職エージェントは企業に人材を紹介することで報酬を受け取りますが、採用者がすぐに辞めると報酬が支払われません。そのため求職者の気持ちを優先してくれますよ。

カズヤ

実際、僕は転職エージェントを散々利用して「やっぱりフリーランスに挑戦すると決めました」と伝えたのですが、担当者の方は快く応援してくれました。

だから転職を考えているなら、まずは相談だけでもしてみてください。

おすすめな転職エージェント

出典:リクルートエージェント

はじめて転職エージェントを利用するなら「リクルートエージェント」がおすすめです。

理由はシンプルに「求人数が1番多いから」

「求人数が多い=理想の求人が見つかる可能性が高い」といえますよね。

利用者も多いため「担当者が忙しそう」というデメリットがありますが、悪い点はそこだけです。

カズヤ

転職活動に失敗したくないなら必ず登録しておきましょう。「面談なし」で登録するとメールだけで求人閲覧もできます。

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございます。

リクナビNEXTはブラックばかりと言われる理由を解説しました。

もういちど振り返ると以下のとおり。

  • 低コストで求人募集ができるから
  • 転職サイトはあくまで広告だから
  • シンプルに利用者の数が多いから

たしかに、リクナビNEXTにブラック求人はあります。

とはいえ、これは転職サイト全体のビジネスモデルの問題。つまりほかの転職サイトでも同じです。

結局、どのサービスを使ってもブラック求人はあるので、自分で求人を見分ける力を身につけるしかありません。

そのためにも、まずは無料登録してさまざまな求人をながめてみてください。

絶対にブラック企業を避けたいなら「リクルートエージェント」を利用しましょう。

リクルートエージェントをおすすめする理由
  • 実際に訪問してブラック企業か調べておいてくれる
  • 求人票ではわからない内情や雰囲気を教えてくれる
  • 超大手のリクルート運営だから無理に押し込まれない

※面談が嫌な方は「面談なし」でも利用できます。メールで求人閲覧のみも可能なので気軽に使えますよ。

関連記事

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事を書いた人

カズヤのアバター カズヤ ブロガー/ライター

1993年生まれ / フリーランスとして活動中 / ミニマリズムを活かしたライフスタイル・モノ選びを綴っています / ガジェット・アウトドア・サウナが好きです / 執筆依頼も受け付けています。

コメントはお気軽に!

コメントする

目次