MENU

リクナビNEXTはブラックばかりと言われる3つの理由【気にしなくていい】

  • 「リクナビNEXTの求人はブラック企業ばかりって本当なのかな?」
  • 「リクナビNEXTにあるブラック企業の求人ってどんな特徴なんだろう?」
  • 「転職を検討しているけどブラック企業だけは絶対に避けたいなぁ…」

この記事はそんな方へ向けて書いています。

本記事の内容

  • リクナビNEXTはブラックばかりと言われる3つの理由
  • リクナビNEXTにあるブラック求人を回避する方法3選
  • 転職活動が不安なら「転職エージェント」を利用しよう

こんにちは、カズヤです。
リクナビNEXTで転職活動をした経験があります。

リクナビNEXTは業界最大手・求人数No. 1の転職サイトです。
しかし、「リクナビNEXTはブラック企業ばかり」と聞くと不安ですよね。

結論をいうと、リクナビNEXTにブラック求人はそれなりにあります。

ただ、別にブラック企業ばかりあるわけではないし、ほかの転職サイトでも同じような状況です。

つまり、「ブラック企業ばかり」という噂は気にしなくてOK。

結局、どの転職サイトを利用しても「自分がどの求人を選ぶか」が大切です。

この記事を読めば、リクナビNEXTでブラック企業を避ける方法がわかり、安心して転職活動ができるでしょう。

\ たった5分で完了/

目次

リクナビNEXTはブラックばかりと言われる3つの理由

リクナビNEXTがブラック求人ばかりと言われる理由は以下の3つ。

  1. 低コストで求人募集ができるから
  2. 転職サイトはあくまで広告だから
  3. シンプルに利用者の数が多いから

①:低コストで求人募集ができるから

リクナビNEXTにブラック求人が掲載されてしまうのは、転職サイト全体のビジネスモデルに原因があります。

転職サイトは、求人を掲載したい企業から掲載費用(広告費)をもらって利益を出す仕組みです。

この掲載費用は、転職エージェントよりも安く済みます。そのためブラック企業は転職サイトで募集をかけるんですよね。

  • 転職サイト
    →一定期間の掲載料を払うだけ(数十万円で済む)
  • 転職エージェント
    →採用者の数だけ報酬を支払う(数百万円が必要)

もちろん「事業の拡大で大量採用したい」というホワイト企業もあるので、一概にすべてがブラックとは言えません。

ただ、転職エージェントと比較するとブラック求人が多くなるのは必然です。

②:転職サイトはあくまで広告だから

先述のとおり、転職サイトは企業から掲載費をもらって利益を出しています。

つまり、転職サイトの求人は「広告」です。

転職サイトは広告費を稼ぐため、少しでも多くの企業に求人掲載をしてほしいと思っています。

そのため、明らかなブラック企業だとしても知らんふりして掲載するんですよね。

ブラック企業は安く求人募集できる、転職サイトは掲載費がもらえる、というわけで両者win-winの関係。

なので、リクナビNEXTのような転職サイトにブラック求人があるのは仕方のないことです。

③:シンプルに利用者の数が多いから

転職サイトはマイナビ転職、doda、エン転職などたくさんあります。

その中でも「リクナビNEXTはブラックが多い」と言われるのは、シンプルに利用者が多いからです。

リクナビNEXTは転職者の8割が利用しています。ここまで多いと悪評が目立つのは当然ですよね。

先述したとおり、転職サイトにブラック求人が多いのはビジネスモデルが原因です。

ほかの転職サイトを利用しても同じなので、リクナビNEXTだけが悪いわけではありません。

また、ネットの意見というのは悪評が目立ちやすいものです(満足している人はあまり書き込まない)。

なので、「リクナビNEXTはブラックばかり」というのは気にしなくて大丈夫ですよ。

\ たった5分で完了/

リクナビNEXTにあるブラック求人を回避する方法3選

リクナビNEXTをはじめ、転職サイトには少なからずブラック求人があります。

そこで、転職サイトを利用するときは以下の3つに注意しましょう。

  1. 口コミや評判を調べる
  2. 要注意フレーズを探す
  3. 長期掲載求人は避ける

上記を意識すればブラック求人を避けることができます。

①:口コミや評判を調べる

応募したい求人が見つかったら、その企業の口コミや評判を調べてみましょう。

口コミや評判を見ると、

  • 給料や福利厚生について
  • 残業時間について
  • 社内の雰囲気について

など、求人情報だけではわからないリアルな実態が把握できます。

ネットで検索するのも良いですが、検索サイトは気軽に投稿できるぶんウソや悪評が目立ちやすいです。

なので、口コミや評判を調べるなら、ユーザー登録の必要な「転職会議」がおすすめ(無料です)。

もちろんすべてを鵜呑みにするのはダメですが、参考にはなりますよ。

\ 企業の口コミや評判がわかる/

②:要注意フレーズを探す

求人票のフレーズに注目するのもひとつの手です。

ブラック企業というのは求職者が魅力的に見えるようなフレーズをよく使っています。

たとえば以下。

  1. 努力次第で年収〇〇万円!
    →頑張っても上がらない可能性もある
  2. 経験よりもやる気を重視!
    →ノルマが厳しく精神論を強いられる
  3. 成長できる職場環境です!
    →業務負担が大きくかなり働かされる
  4. 若い人が活躍しています!
    →離職率が高くて社員がすぐに辞める
  5. アットホームな職場です!
    →仕事ばかりでプライベートが消える

こういったフレーズを見つけたら要注意です。

疑いすぎて動けなくなるのも良くないですが、基本的に情報は疑ってチェックしましょう。

ちなみにホワイト求人の見分け方は「社員の平均年齢が高い」「給料や勤務時間が明確に表記されている」です。

③:長期掲載求人は避ける

年中ずっと求人掲載している企業も避けたほうが無難でしょう。

ずっと掲載しているということは、それだけ人が辞めるからです。

つまり、離職率が高いといえるのでブラック企業の可能性があるんですよね。

転職サイトに掲載する費用はあるけど、社員を使い捨てている企業もあるので注意してください。

長期掲載している求人かどうかはすぐにはわからないので、転職サイトにはなるべく早めの登録がおすすめです。

\ たった5分で完了/

転職活動が不安なら「転職エージェント」を利用しよう

初めての転職で不安なら「転職エージェント」の利用がおすすめです。

転職エージェントに登録すると、専任のアドバイザーがつきます。

アドバイザーは転職のプロなので何でも相談可能です。ひとりでは不安でも並走してくれる人がいると心強いですよね。

もちろん完全無料で利用できます。

転職エージェントのメリット

  1. 自分に合う求人を紹介してくれる
  2. 企業の内部事情を調査してくれる
  3. 面接対策のサポートをしてくれる

転職エージェントは経験豊富なのでヒアリングから理想の求人を紹介してくれます。

また、「非公開」の独占求人も保有しており、ホワイト企業に就ける可能性も高いですよ。

専任のアドバイザーがつくため気軽に登録はできないかもですが、相談のみも可能なので転職に失敗したくないなら登録必須です。

転職サイトとの違いは以下の記事で解説しています。興味があれば読んでみてください。

おすすめな転職エージェント3選

  1. リクルートエージェント
    →業界No. 1の求人数。とりあえず最初に登録しておきましょう。
  2. doda
    →業界No.2の求人数。専任アドバイザーが親切という定評あり。
  3. 就職Shop
    →高卒・フリーター向け。書類選考なしで直接面接まで進める。

まとめ:リクナビNEXTは、ブラック求人に当たる可能性もあるだけ

さいごまで読んでいただきありがとうございます。

リクナビNEXTはブラックばかりと言われる理由を解説しました。

もういちど振り返ると以下のとおり。

  1. 低コストで求人募集ができるから
  2. 転職サイトはあくまで広告だから
  3. シンプルに利用者の数が多いから

たしかに、リクナビNEXTにブラック求人はあります。

とはいえ、これは転職サイト全体のビジネスモデルの問題。つまりほかの転職サイトでも同じです。

結局、どのサービスを使ってもブラック求人はあるので、自分で求人を見分ける力を身につけるしかありません。

そのためにも、まずは無料登録してさまざまな求人をながめてみてください。

\ たった5分で完了/

本気で転職活動をするなら、転職エージェントとの併用がおすすめです。

  1. リクルートエージェント
    →業界No. 1の求人数。とりあえず最初に登録しておきましょう。
  2. doda
    →業界No.2の求人数。専任アドバイザーが親切という定評あり。
  3. 就職Shop
    →高卒・フリーター向け。書類選考なしで直接面接まで進める。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

目次