MENU

【最短10分】WordPressブログの作成手順を解説【初心者でも簡単にできる】

「パソコン1台で何か活動をしたい!」とブログに興味を持つ人は多いと思います。

とはいえ、WordPress(ワードプレス)でブログを作るのは難しそうだし、わからないことだらけですよね。

そこで本記事では、WordPress(ワードプレス)ブログで収入を得ている僕が以下を解説します。

本記事の内容

  • WordPressブログの基本費用
  • WordPressブログの作成手順
  • WordPressブログの初期設定

WordPress(ワードプレス)は難しそうなイメージがありますが、実際は「え、これだけ?」と拍子抜けするくらい簡単です。

特に最近はサービス側の努力によって、初心者でも「たった10分」で開設できるようになっています。

この記事を読めば、WordPress(ワードプレス)ブログを始める具体的な手順がわかり、真似するだけで簡単にブログ開設ができるでしょう。

今すぐブログを開設したい方は「ConoHa WING」にアクセスすれば10分で完了します。

目次

WordPress(ワードプレス)とは

「そもそもWordPress(ワードプレス)って何?」と疑問な人もいると思うので軽く説明しておきます。

WordPress(ワードプレス)とは、ホームページやブログサイトを簡単に開設できるソフトウェアのことです。

プログラミングの知識がなくてもサイトをカスタマイズできるため、初心者ブロガーから世界的な企業まで幅広いシェア率を誇っています。

つまり、WordPressを使えばパソコンが苦手な人でも簡単に本格的なブログ運営ができるというわけです。

芸能人のような日記ブログならWordPressである必要はありませんが、ブログを収益化させたいならWordPressブログ一択ですよ。

WordPress自体は誰でも無料で利用できます。

WordPressブログの基本費用

ここから本題。

WordPressブログの基本費用は以下のとおり。

  • サーバー代:月1,000円くらい
  • ドメイン代:無料
  • WordPress:無料
  • デザイン代:無料〜15,000円くらい

WordPressブログは有料といっても「毎月のサーバー代」くらいしかかかりません。

「毎月1,000円も必要なのかぁ…」と思うかもしれませんが、月1,000円くらいなら3ヶ月くらいですぐに回収できますよ(もちろんサボったらダメよ)。

無料のサーバーもありますが、サイトのスピードが遅すぎるため使い物になりません。本格的にブログを運営したいなら必要経費と割り切りましょう。

デザイン代は「買い切り価格」です。とはいえ、最近は無料でもクオリティがかなり高いので初心者のうちはデザインにお金をかける必要ないですよ。

WordPressブログの作成手順

それでは、WordPressブログを作成していきましょう。

手順は以下のとおり。

  1. レンタルサーバーの契約
  2. WordPressかんたんセットアップ
  3. お客様情報の入力

よくわからないかもしれませんが、めちゃくちゃ簡単なので安心してください。

所要時間は10分くらいです。どんなに遅くても30分あればできます。

手順①:レンタルサーバーの契約

まずはレンタルサーバーを契約しましょう。

レンタルサーバーとは「ブログを表示する場所を貸し出すサービス」のことで、家を建てるときの「土地」のようなものです。

土地がないと家が建たないように、レンタルサーバーを契約しないとブログを開設できません。

おすすめなレンタルサーバー

レンタルサーバーはさまざまな会社がありますが、おすすめは「ConoHa WING」です。

理由は以下のとおり。

  • 初期費用が一切必要ない
  • 月額料金が圧倒的に安い
  • 表示スピードが国内最速
  • 管理画面がわかりやすい
  • 大手が運営していて安心

「安い・速い・安心」の三拍子が揃っているので「ConoHa WING」を選べば失敗がありません。

ほかのレンタルサーバーでは初期費用が3,000円くらいかかる場合があるんですよね。

そんなわけで、レンタルサーバーは「ConoHa WING」から申し込みをしましょう。

以下のボタンから公式サイトに飛べます。画像を交えながら進めるので一緒にやっていきましょう。

\ たった10分で完了/

ConoHa WINGの申し込み手順

まずは「今すぐお申し込み」をクリックしてください。

すると以下の画面になるので「初めてご利用の方」のメールアドレスから入力をします。

入力手順
  1. メールアドレス
  2. メールアドレスの確認入力
  3. パスワードを設定
  4. 次へ

「次へ」をクリックしたら、続いて契約プランを入力します。

入力項目は5つです。

入力手順
  1. 料金タイプ
    →「WINGパック」を選択してください。
  2. 契約期間
    →迷うなら「12ヶ月」がバランスよくておすすめです。
  3. プラン
    →「ベーシック」で十分です。
  4. 初期ドメイン
    →テキトーでOK。あとから使うことはありません。
  5. サーバー名
    →そのままでOK。あとから使うことはありません。

続いて、下にスクロールして「WordPressかんたんセットアップ」をしていきます。

手順②:WordPressかんたんセットアップ

ここから「WordPressかんたんセットアップ」について解説していきます。

入力項目は7つです。

入力手順
  1. WordPressかんたんセットアップ
    「利用する」を選択
  2. セットアップ方法
    「新規インストール」を選択
  3. 独自ドメイン設定
    →インターネットの住所(このサイトは「kazuroom.jp」)です。そこまで神経質になる必要はありませんが、あとから変更できないので慎重に決めてください。※使用済みドメインは不可
  4. 作成サイト名
    →ブログのタイトルになります。こちらはあとから変更可能なので仮で大丈夫ですよ
  5. WordPressユーザー名
    →WordPressの管理画面にログインするときに使うのでメモしておきましょう
  6. WordPressパスワード
    →こちらもWordPressの管理画面にログインするときに使うのでメモしておきましょう
  7. WordPressテーマ
    →ブログのデザインです。あとから入れることもできるので迷うなら無料の「Cocoon」を選択しておきましょう

7つすべて入力したら右上の「次へ」をクリックしてください。

手順③:お客様情報の入力

続いて、お客様情報を入力していきます。

入力手順
  1. 種別
  2. 氏名
  3. 性別
  4. 生年月日
  5. 郵便番号
  6. 住所
  7. 電話番号

入力したら右上の「次へ」をクリック。

「SMS認証」をクリック。

スマホに届いた認証コードを入力して「送信」をクリックしてください。

お支払い情報の入力画面です。

お支払い情報を入力したら下にスクロールして「お申し込み」をクリックしてください。

これでWordPressのインストール完了しました。めちゃくちゃ簡単でしたよね。

さいごに「WordPressのSSL設定」をしましょう。

SSL設定とは、サイトのセキュリティを高めるために必要な設定のことです。

とはいえ、1クリックしにいくだけです。設定自体は先ほどの「WordPressかんたん設定」が勝手にやっておいてくれます。

だいたい10~30分くらいでSSL設定が反映されるので、待機したらConoHa WINGの管理画面に入ってください。

管理画面に入ったら、「サイト管理」→「サイト設定」→「自分のブログのURL」→「SSL有効化」の順で押しましょう。

もし「SSL有効化」が押せなくても、時間が経過すれば押せるようになるので気長に待ってみてください。

これでWordPressブログの作成完了です!お疲れ様でした!

次の項では「WordPressブログの最低限やっておくべき初期設定」について解説します。

一旦休憩してからでもいいので進めてみてください。

WordPressブログの初期設定

ここからはWordPressブログの初期設定を解説します。

以下の6つはどれも最低限やっておいたほうがいい設定です。

  1. パーマリンクの設定
  2. デザインテーマの設定
  3. プラグインの設定
  4. アナリティクスの設定
  5. サーチコンソールの設定
  6. ASPに登録

今すぐやる必要はありませんが、時間があるときにぜひ進めておいてください。

WordPressのログイン方法

まずはWordPressにログインしましょう。

WordPressのログイン方法は、自分のサイトアドレスに「/wp-admin」をつけるだけです。

つまり『https://「自分のドメイン名」/wp-admin』にアクセスするとログインできます。

アクセスしたら、先ほどメモった「WordPressユーザー名」と「WordPressパスワード」を入力してください。

すると管理画面に入ります。

ちなみに、このページは今後何度もアクセスするので「ブックマーク」しておくといいですよ。

それでは初期設定をしていきましょう。

手順①:パーマリンクの設定

パーマリンクとは、「ブログ記事のURL」のことです。

たとえば、『https://kazuroom.jp/kawaii』でいうとkawaiiの部分がパーマリンクとなります。

パーマリンクが長すぎたり、途中で変更したりするとSEO評価に影響がでてくる(つまりブログが読まれにくくなる)ので必ず最初に設定しましょう。

WordPressにログインしたら、左側にある「設定」→「パーマリンク」をクリックしてください。

パーマリンク設定の画面を開いたら、共通設定にある「投稿名」を選択。すると、下のカスタム構造に「/%postname%/」と表示されます。

そして下のほうにある「変更を保存」をクリックして完了です(忘れやすいので注意)。

これで、記事を書くときに右側にある「URLスラッグ」から自由にURLを変更できます。

ちなみに、パーマリンクは英語(ローマ字可)で入力するのが原則です。

日本語でも入力できますが、変なURLになったり、エラーになったりするのでやめましょう。

とはいえ、そんなに重要なわけではないので僕は結構テキトーにローマ字で入力しています。

手順②:デザインテーマの設定

デザインテーマとは、その名のとおり「ブログのデザインを整えるカスタマイズアイテム」です。

有料・無料がありますが、有料テーマは15,000円くらいするし、お金がきついならぶっちゃけ無料テーマでも十分ですよ(あとから有料テーマに変更も可能)。

特に無料テーマの『Cocoon』は、無料とは思えないくらいデザインも機能も整っているのでおすすめです。

ただ、あとからテーマを変えると、今まで書いた記事のデザインが崩れて面倒なことになります。なので、本気で取り組むなら最初から有料テーマをおすすめします。

おすすめなデザインテーマ(有料)

おすすめなデザインテーマ(有料)は以下の4つ。

上記の4つは利用者も多いのでおすすめです。困りごとがあってもググれば情報がでてきます。

いろいろあって迷うかもしれませんが、ぶっちゃけ機能面はどのテーマもしっかりしているので大差ありません。

なので、有料テーマを選ぶ際は、実際に見てみて気に入ったデザインを選ぶのが1番です。デザインが気に入ると記事を書くのも楽しくなります。

ちなみに、このブログで使っているテーマは『SWELL(スウェル)』です。

料金は高いですが、シンプルなデザインと記事の書きやすさが素晴らしくて気に入っています。

手順③:プラグインの設定

プラグインとは、「WordPressの拡張機能」のことで、スマホでいうところのアプリです。

絶対に入れなきゃいけないわけではありませんが、プラグインを入れることでWordPressがより便利になります。

たとえば、WordPressのセキュリティを強化してくれたり、画像を勝手に圧縮してくれたり、お問い合わせフォームを設置できたり、、って感じですね。

ただ、プラグインを入れすぎるとサイトが重くなってしまうので最小限にしましょう。

おすすめなプラグイン

おすすめは以下の6つ。

  1. XML Sitemaps【サイトマップの作成】
  2. BackWPup【バックアップの作成】
  3. EWWW Image Optimizer【画像圧縮】
  4. Contact Form 7【お問い合わせフォーム作成】
  5. Rinker【物販系の広告作成】
  6. SiteGuard WP Plugin【セキュリティ強化】

とりあえずこの6つを入れておけばOKです。

プラグインの導入方法

「①プラグイン」「②新規追加」「③プラグインの検索」「④今すぐインストール」

インストールしたら「有効化」をクリック。これでプラグインの導入完了です。

ちなみに「無効化」をクリックすればプラグインを停止させることができます。

手順④:アナリティクスの設定

アナリティクスとは、Googleが提供する「ブログのアクセス解析ツール」です。

アナリティクスを使うと

  • ブログがどれくらいの人に読まれたか
  • ブログがどれくらいの時間読まれたか

といったような分析ができます。

自分のブログを分析することで、記事の改善に役立つし、ブログ運営の指標になるので必ず導入しておきましょう。

もちろん無料ですべて使えます。

WordPressにアナリティクスを設定する方法は以下の記事をご覧ください。

手順⑤:サーチコンソールの設定

サーチコンソールとは、これもGoogleが提供する「インターネット検索の分析ツール」です。

サーチコンソールを使うと

  • Googleに記事更新をいちはやく伝える
  • ブログ内の検索上位キーワードの確認
  • 検索表示された記事キーワードの確認

といったことができます。

アナリティクス同様、ブログ運営において「分析」はかなり大事なので必ず導入しましょう。

サーチコンソールの設定方法は以下の記事をご覧ください。

手順⑥:ASPに登録

ASPとは、アフィリエイトサービスプロバイダの略で、ブロガーと広告主の間に入ってくれる仲介業者のことです。

ブログ収入の8割は「ASP経由の広告」といっても過言ではないので必ず登録しておきましょう。

とりあえず以下の3社に登録しておけば間違いないです。もちろん登録は無料だし5分程度ですべて完了します。

おすすめなASP

初心者はとりあえず以下のASPすべてに登録しましょう。

  1. A8.net:国内最大手のASP
  2. バリューコマース:A8.netよりも高単価な案件が多い
  3. もしもアフィリエイト:Amazonや楽天の案件がある

各ASPについては以下の記事で解説しているのでよかったら読んでみてください。

さいごに:WordPressで人生を楽しもう

さいごまで読んでいただきありがとうございます。

WordPressブログの始め方について紹介しました。

ブログを開設したら、まずは1記事書いてみましょう。

記事の投稿は、管理画面の左側にある「投稿」→「新規追加」からできます。

最初は操作に慣れるのに必死だと思いますが、慣れてブログ執筆が習慣化すると、あらゆることがネタになって人生が楽しくなりますよ。

それでは、これからWordPressでブログを書きながら楽しい人生を送ってください!

ちなみに、

  • ブログに何を書けばいいの?
  • ブログでどうやって稼ぐの?
  • ブログ運営のおすすめ本は?

という疑問については以下の記事でまとめてあるので読んでみてください。

あわせて読みたい
ブログ初心者が身につけるべき3つの知識とその勉強法【独学でOK】 ブログに興味があるけど、なにから勉強すればいいんだろう?ブログで稼ぐために身につけたほうがいい知識を教えてほしい。 こういった疑問にお答えします。 本記事の内...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる