MENU

製造業を辞めたいと悩むときの対処法3つ【おすすめな仕事も紹介】

製造業に勤めてるけど、自分には向いてないし精神的に辛くてもう辞めたい…。でも辞めて何の仕事しよう…。上司に退職を伝えるのも怖いし、辞めるべきか悩むなぁ…。

こういった悩みにお答えします。

製造業に勤めていると、さまざまな理由から辞めたくなることがあるでしょう。

たとえば、仕事が単調すぎてつまらない…体力的にきつい…夜勤がきつくて将来が不安…などが挙げられるでしょうか。

とはいえ、製造業を辞めたいと考えていても、この先どうすればいいのかわからない人もいますよね。

そこで今回は、製造業を辞めたいと悩むときの対処法を3つ解説します。

僕は製造業(工場勤務)に9年間携わっていました。
高卒ですが、今はWeb系のフリーランスをしています。

この記事を読めば、製造業を辞める前にすべき行動がわかり、気持ちに余裕が生まれるはずです。

ぜひ最後まで読んでみてください。

目次

製造業を辞めたいと悩むときの対処法3つ

早速結論をいうと、製造業を辞めたいと悩むときの対処法は以下の3つです。

  1. 転職の”準備だけ”でもする
  2. ミニマリストの思想を学ぶ
  3. 退職代行サービスを利用する

順番に解説します。

①:転職の”準備だけ”でもする

製造業を辞めたいけど、今すぐ転職は考えられない…。

そんな人は、転職の準備だけでもしてみてください。

たとえば以下のように。

  • 転職サイトに登録だけしてみる
  • 資格取得に向けて勉強してみる
  • 退職までのプランを考えてみる

喧嘩ばかりの恋人から別れ話をされると、急に楽しかったときの思い出が蘇ってきますよね。

それと同じで、仕事も、実際に辞める準備をすることで良い部分が見えるようになりますよ。

たとえば製造業は、体力的にきついけど頭をあまり使わなくていい、単調でつまらないけど気楽に働ける、などが良いところです(職種によっては違うかもですが)。

僕はフリーランスになりたかったので辞めましたが、9年間も働けたのは製造業の良さも理解していたからです。

面倒な人は動かなくても結構ですが、それだと人生は一生変わりません。一生愚痴を言いながら生きる人生になります。

「そんなの嫌だ」と少しでも人生を変えたいなら「転職の準備だけ」でもしましょう。

\ 相談するだけで景色が変わります(無料) /

②:ミニマリストの思想を学ぶ

製造業を辞めたいけど、貯金がないから無理…。

そんな人は、ミニマリストの思想を学んでみてください。

ミニマリストとは、必要最小限のモノだけで暮らすライフスタイルのことです。

テレビやSNSで何もないガラーンとした部屋に住んでいる人を見たことありませんか?あれです。

ミニマリストのようにモノを減らせば、お金のために無理して働く必要がなくなるのでおすすめですよ。

元からモノが少ない人も、少ないモノで豊かに生きる考え方を学べるので有意義です。

僕自身、ミニマリストの思想を学んだことで、お金の呪縛から解放されました。

お金をあまり使わなくなると、「あれ?別に無理して働かなくてもいいんじゃね?」という気持ちになります。

それで僕は今、フリーランスをしているわけなんですよね。

フリーランスは自分の好きな時間に起きて仕事ができるから最高です。

フリーランスに興味がない人でも、お金の呪縛から解放されると仕事の選択肢がグーンと広がるので、ミニマリストの思想は知って損なしですよ。

ミニマリストの思想を学ぶには本を数冊読むのが一番です。

僕のおすすめは以下でまとめているので興味のある本だけでも読んでみてください。

③:退職代行サービスを利用する

製造業を辞めたいけど、上司に辞めるなんて言ったらどんな顔されるかな…。怖くて言えない…。

そんな人は、退職代行サービスを使ってみてください。

退職代行サービスとは、文字どおり退職の手続きを自分の代わりにしてくれるサービスです。

依頼すれば翌日から会社に行かなくてOK。もちろん退職金や有給休暇ももらえます。

3万円弱の費用は必要ですが、嫌な仕事を我慢してメンタルブレイクするくらいなら安い費用だと思います。

業者とのやりとりもチャットでOKなので気軽に申し込めますよ。

今は利用率もかなり高くて、退職者の3割は退職代行を経由しているそうです。

退職代行Jobs」なら転職活動もサポートしてくれるので、どうしても自分で退職を伝えられない人は利用してみてください。

\ チャットだけで即日退職できます /

製造業を辞めたい人におすすめな仕事5選

製造業から転職するならどんな仕事がいいんだろう?

そんな人のために、製造業からの転職におすすめな仕事をまとめました。

それが以下の5つです。

  1. 製造業(職種を変える)
  2. トラックドライバー
  3. 営業
  4. プログラマー(エンジニア)
  5. Webライター

順番に解説します。

\ 仕事を探したい方はこちらから /

①:製造業(職種を変える)

製造業といってもさまざまな職種があります。

たとえば以下のとおり。

  • 加工・組み立て
  • 営業・販売
  • 生産管理・品質管理
  • 商品企画
  • 研究開発
  • 設計
  • 生産技術・製造技術
  • 資材調達

ご覧のとおり、製造業といっても幅広い職種があります。

そのため、同じ製造業でも職種を変えて新しくチャレンジするのもありですよ。

小さな工場で働いている人は、大手企業に転職すれば給与水準が上がります。

その逆も然りで、大手企業から小さな工場に移れば、仕事のやりがいを感じるようになるかもしれません。

今までの経験を活かした転職を狙うなら、製造業でいろいろな求人を探してみてください。

②:トラックドライバー

トラックドライバーは、トラックを運転して荷物を運送する仕事です。

集荷、荷積み・荷下ろし、配送・配達、梱包や伝票作成などをします。

ネット通販の普及でドライバー需要はかなり高いです。
そのため、大型免許の取得サポートをしてくれる企業も多いみたいですよ。

人手不足から激務を言われることもありますが、工場でロボットのように働くより、トラックで街中を運転していたほうがいいかなと僕は思います。

運転が好きな人はチャレンジしてみてください。

③:営業

営業は、自社の商品やサービスの購入を促して売買契約を結ぶ仕事です。

「ノルマが厳しくて大変そう…」と思うかもですが、成績がそのまま給料に反映される仕事なので「やりがい」を感じられるでしょう。

また、コミュニケーションを取るのが得意な人も営業には向いています。

営業は未経験採用も多いし、20代なら結構余裕で転職できるみたいですよ。

「製造業が退屈すぎてつまらない…」と感じる人はチャレンジしてみてください。

④:プログラマー(エンジニア)

プログラマーは、プログラミング言語を用いてシステム・ソフトウェア開発をする仕事です。

具体的には、Webサイトの制作、スマホアプリの開発、機械設備の制御などをします。

ITの普及で、プログラマーは需要がかなり高い仕事になっています。
そのため、未経験で採用してくれる企業もかなり多いですよ。

パソコンに向かってひたすらコードを打ち込む仕事なので、黙々と働きたい人に向いているでしょう。

最近は「GEEK JOB」のような”無料”のプログラミングスクールも増加しています。

無料体験や無料カウンセリングもあるので、少しでも興味のある人はチャレンジしてみてください。

\ 学習から転職までサポート /

⑤:Webライター

Webライターは、Webサイト上に文章を書く仕事です。

具体的には、企業サイトに載せるコラム記事、広告の文章、商品の説明文などを書きます。

「文章なんて書けないよ…」と思うかもですが、企業側が指定するマニュアルに沿って書いていくだけなので誰でもできますよ。

Webライターは求人募集もありますが、数は少ないです。

そのため、基本的にはフリーランスを目指す人向けの仕事になります。

「会社の属さず自由に働きたい」と考えているなら、ぜひ挑戦してみてください。

まとめ:今の時代、嫌な仕事をする必要はない

最後まで読んでいただきありがとうございます。

製造業を辞めたいと悩むときの対処法を解説しました。

もういちど要点を確認すると以下のとおり。

  1. 転職の”準備だけ”でもする
  2. ミニマリストの思想を学ぶ
  3. 退職代行サービスを利用する

製造業を辞めたいなら「行動」するしかありません。

面倒かもしれませんが、行動しないことには何も変わりません。

今は人手不足で転職しやすい時代なので、我慢せずに行動したほうがいいですよ。

僕は行動してよかったと心から思っています。

というわけで、まずは転職の準備だけでも始めてみてください。

無料なのでリスクはありませんよ。

\ 仕事を探したい方はこちらから /

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

目次