MENU

【意外】期間工の夜勤はそこまできつくない3つの理由

期間工は特別なスキルがなくても、とりあえず頑張るだけで高収入を稼げるおいしい仕事です。

とはいえ、ほとんどの工場では夜勤があり、「きつそうだなぁ…」と不安な人もいますよね。

そこで今回は以下を解説します。

本記事の内容
  • 期間工の夜勤はそこまできつくない3つの理由
  • 期間工で夜勤をするメリットとおすすめな過ごし方

この記事を書いている僕は、夜勤ありの工場で約9年間働いていました。

「夜勤=きつい」というイメージは強いですが、みんなが思っているほどきつくないですよ。

この記事を読めば、期間工の夜勤に対するイメージが変わり、求人選びの選択肢が広がるでしょう。

期間工の応募方法はこちら

目次

期間工の夜勤はそこまできつくない3つの理由

工場勤務の夜勤というときついイメージがありますが、意外とそうでもありません。

理由は以下のとおり。

期間工の夜勤がそこまできつくない理由
  1. 徐々に慣れるから
  2. 工場が明るいから
  3. 運動しているから

もちろん個人差はあるし、きついことに変わりはありません。

でも実際に働いてみると「あれ?思ったよりきつくないぞ」と感じるはずです。

というわけで、順番に解説します。

①:徐々に慣れるから

基本的に日勤と夜勤は1週間ごとに入れ替わります。

そのため、月曜日はかなり眠いです。

しかし、人間は慣れる生き物なので、火曜日からは徐々に眠気がなくなってくるんですよね。

木曜日あたりになると、もう体内時計が整ってまったく眠くなくなります。

月曜日のときは「これを1週間続けるのはきついなぁ…」と思うのですが、次の日からは徐々に楽になってきますよ。

まぁどれだけ夜勤を続けても月曜日は必ず眠いんですけどね…笑

②:工場が明るいから

工場内は製品をしっかりと照らすために蛍光灯がたくさん付いています。

そのため、深夜でも眠くなりにくい環境なんですよね。

というのも、体内時計は光によって調整されます。光を浴びると体が「朝」と勘違いするため眠くならないというわけです。

眠る前にスマホやパソコンを見ると寝付けなくなるのと同じです。

③:運動しているから

あとは、ライン作業をしているから眠くならないのもあります。

椅子にじっと座っているだけなら睡魔がきついかもですが、ライン作業は体を動かしています。

運動していると脳が覚醒するため眠くならないですよ。

もちろん睡眠不足だときついと思いますが、規則正しく生活して、7時間以上眠っていればそこまできつくありませんよ。

期間工で夜勤をするメリットとおすすめな過ごし方

夜勤は辛いイメージが強いですが、メリットもわりとあります。

また、生活リズムを狂わさないためのおすすめな過ごし方も紹介しておきますね。

夜勤のメリット
  • 夜勤手当がもらえる
  • 非日常感を味わえる
  • 病院や役所に行ける
夜勤の過ごし方
  • 睡眠を分割する
  • 間接照明を使う
  • 月曜日を捨てる

夜勤のメリットや過ごし方については以下の記事で詳しくまとめています。興味があれば読んでみてください。

まとめ:期間工の夜勤は思っているほどきつくない

期間工の夜勤がそこまできつくない理由
  1. 徐々に慣れるから
  2. 工場が明るいから
  3. 運動しているから

さいごまで読んでいただきありがとうございます。

期間工の夜勤はそこまできつくない理由を解説しました。

「夜勤=眠くてきつい」というイメージかもですが、期間工の夜勤はそこまできつくないですよ。

もちろん仕事内容はきついです…笑

それでも夜勤があると、その分だけ稼げるのでおすすめです。

期間工の応募はこちらから

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる