MENU

期間工は「いじめ」や「パワハラ」を受ける?【結論:心配しなくていい】

期間工は誰でも高収入を稼げる仕事です。ニートやフリーターを抜け出したい人からすると非常に魅力的な職業でしょう。

とはいえ、非正規雇用だと正社員からの「いじめ」や「パワハラ」がないか不安ですよね。

そこで今回は以下を解説します。

本記事の内容
  • 期間工で「いじめ」や「パワハラ」を考えてしまう原因
  • 期間工は「いじめ」も「パワハラ」も受けない3つの理由
  • 期間工が「いじめ」や「パワハラ」を受けたときの対処法

この記事を書いている僕は、自動車製造メーカーの正社員として9年間働いていました。

自動車の工場というと「怖い人が多くて期間工はいじめの標的にされるんじゃないか…」と思うかもですが、今の時代はまったく心配しなくて大丈夫ですよ。

この記事を読めば、正社員がどのように期間工を見ているかがわかり、非正規でも安心して働くことができるでしょう。

期間工の応募はこちら

目次

期間工で「いじめ」や「パワハラ」を考えてしまう原因

そもそもなぜ期間工として働く前に「いじめ」や「パワハラ」を考えてしまうのか?

おもな原因は以下の3つだと思います。

いじめ・パワハラがあると考える原因
  1. ミスや遅れが多いと怒鳴られそう
    →罵倒される・公開説教される
  2. 正社員からひどい扱いを受けそう
    →無視される・陰口を言われる
  3. 前後工程から嫌がらせがありそう
    →邪魔される・作業を煽られる

どうでしょうか。

たしかにベテランの期間工の方に話を聞いたり、ネット情報を見ると昔はこういった「いじめ」「パワハラ」があったみたいですね。

しかし、今の時代は期間工に対して「いじめ」「パワハラ」はありませんよ(もちろん正社員も)。

期間工は「いじめ」も「パワハラ」も受けない3つの理由

期間工に対して「いじめ」「パワハラ」がないと言える理由は以下の3つ。

いじめ・パワハラを心配しなくていい理由
  1. 人手不足だから辞められると困る
  2. 工場は他人に関心のない人が多い
  3. そもそも嫌がらせする時間がない

順番に解説します。

①:人手不足だから辞められると困る

少子高齢化が深刻化しているため、今の時代はどの企業も人手不足です。

そのため、現場の上司やリーダーはみんな「頼むから辞めないでくれ…」と思っています。

期間工が急に辞めると、ラインが回らなくなって自分らが苦しい思いをするからです。

仕事ができなくても大丈夫な理由

とはいえ、「仕事の覚えが悪いと逆に辞めるように追い詰められそう…」と思いますよね。

しかし、1人の期間工に対して悪い態度をとると、ほかの期間工が契約更新してくれない可能性が出てきます。

期間工がすぐに辞めてしまうと「また新人教育するのかぁ…」と思うので、1人の期間工にはなるべく長く働いてほしいんですよね。

もちろん上司やリーダーも人間なのでパワハラっぽくなる人もいますが、基本的には「何で怒らないの?」ってくらい優しい人が多いです。

②:工場は他人に関心のない人が多い

「非正規だから正社員に見下されそう…」と思う人もいるでしょう。

しかし、工場は他人に関心のない人が多いので心配ないですよ。

基本的にみんな疲れているので「早く帰りたいなぁ…」しか思っていません。

なので、期間工がどんな人であろうが正直どうでもいいんですよね(笑)

社員同士と変わらず、気の合う人なら話すし、気が合わないなら話さないだけです。

③:そもそも嫌がらせする時間がない

「前後の工程から嫌がらせされないかなぁ…」と不安は人もいるでしょう。

前工程の人から嫌われてたら邪魔されたり、作業が遅いと後ろの工程から煽られたりしそうですよね。

しかし、そもそもライン作業はそんなに暇ではありません。

自分の作業以外のことをする時間なんてないし、煽れるほどの余裕もないです。

仮にそういった嫌がらせがあったとしても、ライン外にいる上司やリーダーが黙っていません。

変ないざこざでラインが停まったり、不具合を流されると自分らの監督責任を問われるので必ず注意します。

なので、期間工をしていて「いじめ」や「パワハラ」は心配しなくて大丈夫ですよ。

期間工が「いじめ」や「パワハラ」を受けたときの対処法

期間工をしていて「いじめ」や「パワハラ」を受けることはまずありません。

とはいえ、みんな1人の人間なので絶対にないとは言い切れないのが実情です。

なので、もし「いじめ」「パワハラ」を受けたら以下のように対処しましょう。

いじめ・パワハラを受けたときの対処法
  1. 上司や会社窓口に相談する
  2. 思い切って反論意見をいう
  3. 無視して契約満了まで働く

順番に解説します。

①:上司や会社窓口に相談する

社員や期間工から嫌がらせがある場合は「上司(組長・班長)」に相談しましょう。

先述したとおり、上司からすると期間工に辞められるのは困るので必ず何かしらの対策を考えてくれます。

たとえば、話し合いの仲介をしてくれたり、工程を変えてくれたりすると思います。

仮に上司が一緒になって嫌がらせをしてきたり、パワハラをしてくる場合は、会社内にある相談窓口にいきましょう。

②:思い切って反論意見をいう

理不尽に怒られたり、嫌がらせを受けているなら思い切って反抗するのも有効な手段です。

というのも、理不尽に怒られたり嫌がらせを受けたりする人って「ただのストレスの吐口になっているだけ」の場合があるんですよね。

いじめる人は「絶対にやり返してこない」という事実があるから、どんな理不尽なことも言ってくるわけです。

なので、反抗することによって今後の対応が変わるかもしれませんよ。

もちろん自分が100%悪いならダメですが、相手に非があるなら、どうせ短期間で辞めるわけだし臆せず自分の意見を言いましょう。

③:無視して契約満了まで働く

期間工は、3ヶ月や6ヶ月区切りで契約を更新しながら働く形態です。

なので、耐えられるなら契約満了まで無視し続けるのが1番楽ですよ。

ライン作業は、最悪みんなと仲悪くても仕事ができます。

もちろん上司や会社に相談するのがベストですが、面倒なら短期間だけ我慢して辞めましょう。

まとめ:期間工は「いじめ」も「パワハラ」も受けません

いじめ・パワハラを心配しなくていい理由
  1. 人手不足だから辞められると困る
  2. 工場は他人に関心のない人が多い
  3. そもそも嫌がらせする時間がない

さいごまで読んでいただきありがとうございます。

期間工はいじめもパワハラも心配しなくていい理由をい解説しました。

「工場は陰湿だ」「非正規だから差別されそう」みたいなイメージがあるかもですが、最近は期間工に対する扱いが変わっています。

製造業はどこも人手不足なので、今の時代において期間工は貴重な戦力です。

なので、みんな気持ち悪いくらい優しく接してくれますよ。

そんなわけで、いじめやパワハラを気にせず期間工で稼いで人生を変えましょう。

期間工の応募はこちらから

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる