MENU

【悲報】僕が工場勤務を辞めたいと思った3つの理由【9年働いた】

工場勤務を辞めたいと思う人は多いのはないでしょうか。

とはいえ、本当に辞めていいものか迷う人もまた多いと思います。

そこで今回は、工場勤務を9年で辞めた僕が以下を解説します。

本記事の内容

  • 僕が工場勤務を辞めたいと思った3つの理由
  • 僕が工場勤務を辞めてよかったと感じること
  • 工場勤務を辞めたい人におすすめな行動3選

結論、工場勤務を辞めたいなら辞めてしまってOKです。

僕は9年工場で働きましたが、もっと早く辞めればよかったと後悔しています。

この記事を読めば、工場勤務を辞めたい理由が明確になり、後悔のない選択ができるようになるでしょう。

目次

僕が工場勤務を辞めたいと思った3つの理由

僕が9年間続けた工場勤務を辞めようと思ったのは以下の3つ。

  1. 人生が虚しく感じるようになった
  2. 夜勤がだんだんきつくなってきた
  3. 上司を見ても希望を持てなかった

順番に解説します。

①:人生が虚しく感じるようになった

工場勤務は、中学生でもできる単純作業をひたすら繰り返すだけです。

最初は「これでお金を稼げるなら楽でいいじゃん」と思っていたのですが、さすがに9年も働くと人生が虚しく感じてきました。

具体的には以下。

  1. 平日は機械になりきって働くだけ
  2. 休日も仕事の疲れから楽しめない
  3. 必死に働く意味がわからなくなる

このように感じるようになってからは、ひたすら虚しい気持ちになるだけでした。

ここで大半の人は家庭を持つのかもですが、そんな気持ちで家庭を持っても楽しめないと思うんですよね。

「このままやりがいのない仕事をして死ぬのか…」と考えたら、なんだか人生がもったいない気がしたので辞める決意をしました。

②:夜勤がだんだんきつくなってきた

年齢を重ねるごとに夜勤がきつくなってきたのも退職を考えるようになったきっかけです。

具体的には以下。

  • いくら寝ても疲れが抜けなくなってきた
  • 仕事中にイライラすることが多くなった
  • 人手不足で業務負担も大きくなってきた

夜勤を始めたばかりのころは全然余裕だったのですが、20代後半に入ってからは徐々に厳しくなってきました。

40代以上の上司や先輩を見るといつも屍のようになっており、「自分もそうなるのか…」と想像したら怖くなったんですよね。

③:上司を見ても希望を持てなかった

僕が9年も工場勤務を続けたのは「出世」をモチベーションにしていたからです。

しかし、実際本当に出世したいか?というと「No」だったんですよね。

なぜなら、上司を見ても希望を持てなかったからです。

  • 仕事中にイライラしている人が多い
  • 50歳近くても夜勤から抜け出せない
  • 給料がそこまで上がるわけではない

このように、上司を見ても「この人みたいになりたい」と思えなかったんですよね。

そうなるともう、出口のないトンネルにいるようなものです。

なので、僕は工場勤務はもう辞めようと思いました。

僕が工場勤務を辞めてよかったと感じること

「実際、工場勤務を辞めてどう?」というと、「本当に辞めてよかった」です。

理由は以下の3つ。

  1. ポジティブ思考になった
  2. お金を使う機会が減った
  3. お肌の調子がよくなった

①:ポジティブ思考になった

工場勤務を辞めてからは自分でも驚くほどポジテイブ思考になりました。

  • 自信を持てるようになった
  • 心から笑えるようになった
  • 勉強するのが楽しくなった

このように工場を辞めた今は毎日が楽しいです(ちなみにフリーランスをしています)。

工場で働いているときは、常にネガティブ思考で「社会人なんてそんなもんだよね…」と人生に絶望していました。

しかし、いざ辞めてみると「仕事って案外楽しいじゃん」と思えるようになりました。

②:お金を使う機会が減った

工場を辞めてからはお金もあまり使わなくなりました。

具体的には以下のとおり。

  • コンビニで無駄遣いしなくなった
  • 通販サイトで散財をしなくなった
  • 飲み歩きや暴飲暴食がなくなった

嫌な仕事をしているとストレスが溜まるので、どうしてもお金を使ってしまいます。

そのため、「今の給料で貯金できないんだから辞めたらヤバい…」と思うのですが、実際はそんなことありません。

ストレスが減るとその分だけ出費も減るので、本当に辞めてよかったです。

③:お肌の調子がよくなった

これは夜勤が関係していたと思いますが、辞めてからはお肌の調子もよくなりました。

「夜勤を辞めるだけでこんなに綺麗になるんだ!」と感動したのを覚えています。

僕はそこまで美容に気を遣っているわけではありませんが、ニキビができにくくなったのは嬉しいです。

自分に自信を持てるようになったのは、肌トラブルが改善したのもあるかもしれません。

工場勤務を辞めたい人におすすめな行動3選

工場勤務を辞めたいならすぐにでも辞めたほうがいいです。

とはいえ、「高卒だから転職できないでしょ…」と考える人が多いでしょう。

そこでおすすめな行動が以下の3つ。

  1. 高卒特化の転職エージェントに相談する
  2. プログラミングスクールに通い転職する
  3. クラウドソーシングで在宅ワークをする

順番に解説します。

①:高卒特化の転職エージェントに相談する

「転職できるか不安…」と思うかもですが、転職エージェントを利用すればすぐにできます。

転職エージェントとは、専任のアドバイザーがついて、転職をサポートしてくれるサービスです。

具体的なサービス内容は以下。

  1. 自分に合う求人を紹介してくれる
    →やりたい仕事が見つけやすくなる
  2. 会社の雰囲気や内部事情を教えてくれる
    →入社した後のミスマッチを防げる
  3. 職務経歴書や面接のサポートをしてくれる
    →内定をもらいやすくなる
  4. 面接の日程調整や給料交渉を代行してくれる
    →面倒な手続きをしなくて済む
  5. 人事に推薦状を書いてアピールしてくれる
    →面接で失敗してもフォローしてくれる

これらのサポートをすべて無料で受けられます。

転職エージェントは企業から紹介料をもらうビジネスモデルなので、僕ら利用者は無料で利用できるわけです。

また、転職エージェントは「非公開求人」を保有しており、ハローワークや求人サイトでは出会えない優良求人がたくさんあるんですよね。

つまり、仕事を探すなら転職エージェントを使わないと損です。

「自分は学歴がないから相手にされなさそう…」と思うかもですが、最近は高卒特化のサービスもあるので大丈夫ですよ。

以下の記事でおすすめな転職エージェントをまとめているので参考にしてください。

ひとりで探したい人は「転職サイト」を使おう

転職エージェントは登録すると担当者と面談することになります。

まだ本気で転職を考えていない人は気軽に登録できませんよね。

なので、マイペースに仕事を探したい人は「転職サイト」がおすすめです。

  • 転職サイト
    →自分ひとりで転職活動をする
  • 転職エージェント
    →担当者と一緒に活動を進める

名前がややこしいですが、両者には気軽さの面で違いがあります。

転職サイトなら、登録しても電話がかかってこないので気軽に登録できますよ。

基本的には非公開求人のある転職エージェントがおすすめですが、マイペースに求人情報だけ見たい人は転職サイトに登録してみてください。

ちなみに、業界最大手のリクナビNEXTに登録しておけば間違いありません。求人の質と量が圧倒的に違います。

\ たった5分で完了/

ちなみに面接で「前職の退職理由」を聞かれたら、素直に「夜勤が合わなかったから」でOKです。

②:プログラミングスクールに通い転職する

手に職をつけたい人はプログラミングスクールに通うのもおすすめです。

プログラミングスクールには「エンジニア転職保証」のサービスがあり、申し込むことで転職までサポートしてもらえます。

数十万円の費用は発生しますが、エンジニア職は「給料が高い・将来性がある・自由に働ける」と魅力的です。

もし転職できなくても全額返金保証があるので安心できますね。

エンジニアに興味のある人はオンライン講座「TechAcademy 無料体験」を試してみるのがおすすめです。

無料なので損することはありません。

\ 受講者数No. 1・転職サポートあり/

③:クラウドソーシングで在宅ワークをする

クラウドソーシングを使えば就職しなくても仕事ができます。

クラウドソーシングとは、「仕事を発注したい人」と「仕事を受けたい人」をマッチングさせるサービスです。

すべてインターネットで完結するので在宅でも仕事ができます。

クラウドソーシングの仕事内容

  • ライティング
    →Webメディアに文章を書く仕事
  • 動画編集
    →商品のPR動画・YouTube動画を編集する仕事
  • デザイン
    →ホームページ制作・バナー作成をする仕事
  • プログラミング
    →システム開発・アプリ開発をする仕事
  • アンケート
    →商品・施設・店舗の感想を投稿する仕事

ほかにもありますが、主な仕事内容はこんな感じ。

「やったことないから無理だよ…」と思うかもですが、クラウドソーシングには未経験でできる仕事も多いです。

もちろん未経験だと安い仕事しかできませんが、夜勤手当と同じくらいは稼げます。

楽な仕事に転職して、足りないお金はクラウドソーシングで稼ぐのもありですよ。

サービスは無料で使えるので興味のある方はチェックしてみてください。

未経験者におすすめな仕事は「Webライター」

どんな仕事をすればいいか迷う人は「ライティング(Webライター)」がおすすめ。

Webライターは未経験者が多いので始めやすいし、独立もしやすいです。

僕はライティング業務に取り組んだことでフリーランスになれました。自由に働けて最高です。

Webライターの始め方や勉強方法は以下にまとめてあるので参考にしてください。

補足①:夜勤を辞めたいときの微妙な行動

余談ですが、工場を辞めたい理由が「夜勤」にある場合、以下の行動はおすすめしません。

  • 上司に異動の相談をする
    →相手にしてくれない
  • 医者の診断書を提出する
    →結局は元に戻される

「夜勤がきついので異動させてほしいです…」と上司に相談してもだいたい相手にしてくれないでしょう。

「きついのはみんな同じだぞ」と言われて突き返されるのがオチです。

また、医者の診断書を持っていくのも微妙ですね。

同僚が持っていっていましたが、半年くらい夜勤なしになっただけで、症状が回復したと判断されたときには再び夜勤ありの部署に戻されていました。

なので、夜勤を辞めたいなら素直にほかの仕事を探すしかありません。

補足②:上司が怖くて退職を言い出せない?

夜勤を辞めたい人の中には「上司が怖い」という人もいるでしょう。

上司が怖いと退職したくてもなかなか言い出せませんよね。

そういった場合は「退職代行サービス」を利用しましょう。

退職代行サービスとは

退職代行サービスとは、文字どおり退職の手続きを自分の代わりにしてくれるサービスです。

依頼すれば翌日から会社に行かなくてOK。もちろん退職金や有休消化ももらえます。

3万円弱の費用は必要ですが、嫌な仕事を我慢してメンタルブレイクするくらいなら安い費用だと思います。

業者とのやりとりもチャットでOKなので気軽に申し込めますよ。

今は利用率もかなり高くて、退職者の3割は退職代行を経由しているそうです。

退職代行Jobs」なら転職活動もサポートしてくれるので、どうしても自分で退職を伝えられない人は利用してみてください。

\ チャットのみで退職できる /

まとめ:工場勤務を辞めたいならすぐ辞めよう

さいごまで読んでいただきありがとうございます。

僕が工場勤務を辞めたいと思った理由を解説しました。

もういちど振り返ると以下のとおり。

  1. 人生が虚しく感じるようになった
  2. 夜勤がだんだんきつくなってきた
  3. 上司を見ても希望を持てなかった

今、工場勤務を辞めたいと思っているなら辞めてしまってOKです。

「長く働けば気持ちが変わるかも」と思っているかもですが、気持ちが変わることはありませんよ。

これは9年粘った僕が断言します。

特に今は工場勤務でも転職できる時代なので、このまま悶々と耐え続けるのはもったいないですよ。

\ たった5分で完了/

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる