MENU

【9年経験】工場勤務の楽しいところ3選【きついことばかりじゃない】

  • 「工場勤務の楽しいところを知りたい」
  • 「工場勤務ってキツそうだけど実際はどうなんだろう?」
  • 「工場で働きたいけど自分に向いてるのか心配…」

この記事はそんな方へ向けて書いています。

本記事の内容

  • 工場勤務の楽しいところ3選
  • 工場勤務のきついところ3選
  • 工場勤務に向いている人とは

こんにちは、カズヤです。
高卒で工場勤務(ライン作業)を9年間していました。

工場の仕事は単純作業ばかりで、やりがいがないイメージが強いと思います。
とはいえ、どうせなら少しでも楽しく働きたいですよね。

そこで今回は、工場で9年働いた僕が「工場勤務の楽しいところ」を書きました。

正直、工場勤務はきついし、つまらないことばかりです。
しかし、人間関係においては結構楽しいと僕は思っていました。

この記事を読めば、工場勤務の楽しいところ・きついところがわかり、自分に向いているかどうか判断できるでしょう。

目次

工場勤務の楽しいところ3選

工場の仕事はライン作業がほとんどです。

単純作業ばかりでつまらないし、肉体労働なのできついのは間違いありません。

しかし、以下のような楽しいところもあります。

  1. 上司や先輩が友達みたいで楽しい
  2. いろんな人と交流ができて楽しい
  3. 慣れると話しながら働けて楽しい

僕が9年も工場で働けたのはこれらの要因があったからです。

順番に解説します。

①:上司や先輩が友達みたいで楽しい

工場勤務は学校に似ています。

職場が学校のクラスのような感じなので、人間関係の距離がかなり近いです。

そのため、上司や先輩とも仲良くなりやすいんですよね。

僕の場合、休日にフットサルしたり、仕事後に銭湯行ったり、家族ぐるみでBBQしたり、とかなり楽しい職場でした。

年齢や役職を超えて和気あいあいと働けるのは工場の楽しいところです。

もちろん工場によって人間関係の良し悪しは分かれるかもですが、真面目に愛想よくしていれば楽しく働けますよ。

②:いろんな人と交流ができて楽しい

工場の仕事はいろんな人と交流できるのも楽しいところです。

というのも、期間工や派遣社員の入れ替えが激しいから。

期間工や派遣社員はだいたい3~35ヶ月で人が入れ替わります。

そのため、長く働いているといろんな人と交流できるんですよね。

工場はいろんな経歴の人がいて面白い

たとえば以下。

  • 元営業マン
  • 元俳優志望
  • 元パチプロ

こういった自分の知らない世界の話を聞けるのは結構楽しいです。

工場で働く理由もさまざまで面白い

たとえば以下。

  • 起業資金や学費を稼ぐため
  • 借金まみれで返済するため
  • いろんな町で働きたいため

こんな感じで工場はいろんな人と交流ができます。

さまざまな経験や価値観を知れるので、好奇心旺盛な人はわりと楽しめますよ。

③:慣れると話しながら働けて楽しい

工場の仕事は慣れるまでしんどいです。

最初は覚えることも多いし、筋肉痛もひどいし、とにかく余裕がありません。

しかし、3ヶ月くらいすると慣れて、近くの人と話しながらでも作業できるようになります。

たとえばこんな感じ。

  • 巨人負けたから今日やる気でないわぁ…
  • 仕事終わったらラーメン食べに行かない?
  • 今日〇〇さん機嫌悪いから気をつけろよw

僕がいた職場はこんな会話をしながら働いている人が多かったです。

工場勤務というと黙々と働くイメージがありますが、人間関係に恵まれると案外楽しく働けますよ。

工場勤務のきついところ3選

ここまで工場勤務の楽しいと感じるところを紹介しました。

では、逆にきついと感じるのはどんなところか?というと以下の3つです。

  1. 慣れると時間が過ぎない
  2. 体のあちこちが痛くなる
  3. 自分のペースで働けない

順番に解説します。

①:慣れると時間が過ぎない

工場は単純作業がほとんどです。

最初は覚えることがあっていいのですが、慣れると飽きて時間の経過が遅く感じるんですよね。

時計を見ても「まだ30分しか経ってないのか…」みたいにガッカリします(ちなみに2時間休憩なし)。

工程はなかなか変わらない

ネットを見ると「飽きたら作業工程変えてもらえばいい」という意見があります。

しかし、そう簡単に作業工程は変えてくれません。

なぜなら、上司からすると面倒だから。

  • 慣れない作業は不良品が流れやすくなる
    →生産効率が落ちて怒られるのが面倒
  • 指導者をつけると人手不足になってしまう
    →生産ラインが回らなくなるのが面倒

このように、上司からすると人の配置替えはリスクが大きくて面倒なんですよね。

なので、作業の変更は余程しつこく言わないと無理です(もちろん工場によって考え方は違うと思いますが)。

②:体のあちこちが痛くなる

工場は肉体労働なので体のあちこちが痛くなります。

たとえば以下。

  • 1日中立ちっぱなしだから足が痛くなる
  • ボルトを何百回も締めるから指が痛くなる
  • しゃがんだり立ったりするから腰が痛くなる

慣れれば痛みはなくなるのですが、最初の1ヶ月くらいはかなり地獄ですね。

作業が変わったときも、普段使わない筋肉や関節がかなり痛くなります。

③:自分のペースで働けない

自分のペースで働けないのも精神的苦痛です。

ベルトコンベアーの速度はあらかじめ決まっているため、その速度に合わせて作業をする必要があります。

なので、

  • ちょっと疲れたから休みながら作ろう
  • 用事があるからさっさと終わらせよう
  • のど乾いたからジュース買ってこよう

みたいな自由は一切ありません。

「工場勤務は刑務所だ」と言われる理由はこれです。

一応、水分補給やトイレは上司やリーダーに言えば行かせてもらえますが、それでも許可を取らないといけないのは苦痛ですよね。

補足:夜勤や交替勤務はそこまできつくない

ちなみに、工場の夜勤や交替勤務はわりとそこまできつくないです。

もちろん最初はきついし楽ではありませんが、過ごし方を覚えれば意外と平気ですよ。

工場勤務に向いている人とは

ここまで工場勤務の楽しいところ・きついところを紹介しました。

「で、工場勤務はどんな人に向いているの?」というと以下のとおり。

  1. お金のために割り切れる人
  2. ひとりで黙々と働きたい人
  3. 人間関係の構築が得意な人

上記に当てはまる人は工場で問題なく働けます。

逆にひとつも当てはまらないなら向いてないので別の職種にしましょう。

順番に解説します。

①:お金のために割り切れる人

正直、工場勤務はやりがいがありません。

  • 誰でもできる仕事を黙々とするだけ
  • どれだけ頑張っても給料は上がらない
  • 休日は疲労で何もする気にならない

このように、工場の仕事はやりがいを感じにくいです。

なので、お金のために割り切って働ける人でないと続かないと思います。

しかし逆にいうと、割り切って働けるなら、単純作業をしているだけでお金を稼げるなんてラッキーですよね。

なので、お金のために割り切って働ける人は工場勤務に向いています。

②:ひとりで黙々と働きたい人

ひとりで黙々と働きたい人も工場勤務に向いています。

工場の仕事は、決められたことを黙々とこなしてさえいれば何も言われません。

ミスしたときは報告しないといけませんが、必要なコミュニケーションはそれくらいです。

仕事に慣れると誰とも話さないで終わる日もわりとありますよ(笑)

コミュニケーションの少なさがストレスに感じる人もいますが、そうでないなら工場勤務に向いています。

③:人間関係の構築が得意な人

人間関係の構築が得意(コミュニケーションができる)な人も工場勤務に向いています。

なぜなら、仕事を楽にできるから。

たとえば以下。

  • ミスしても上司から怒られにくくなる
  • 作業が遅れても後工程が許してくれる
  • 仕事がつまらなくても雑談を楽しめる

このように、人間関係の構築が上手い人はどこに行っても得をするんですよね。

工場勤務はコミュ障でも働けますが、少しでも楽をしたいなら人間関係は大切にしたほうがいいです。

工場で良い人間関係を築くコツ

「自分はコミュ障だから無理…」と思う人は以下を意識すれば円滑なコミュニケーションができますよ。

  • 上司や同僚に会ったら笑顔であいさつをする
    →相手から話しかけてもらいやすくなる
  • 話しかけられたら大袈裟なリアクションをする
    →リアクションだけでも意外と話が弾む
  • まわりがやっているスマホゲームを始めてみる
    →共通の話題ができて仲良くなりやすい

僕もコミュ障ですが、上記の方法でわりと楽しく働けました。

ちなみに雑談にはちょっとしたテクニックがあり、以下の本を読めばいろいろ書いてありますよ。

この本は「Kindle Unlimited」を利用すれば30日間無料で読めます。

まとめ:工場勤務は楽しいところもあります

さいごまで読んでいただきありがとうございます。

工場勤務の楽しいところを紹介しました。

もういちど振り返ると以下のとおり。

  1. 上司や先輩が友達みたいで楽しい
  2. いろんな人と交流ができて楽しい
  3. 慣れると話しながら働けて楽しい

工場は単純作業ばかりでつまらないし、肉体労働なのできついです。

しかし、楽しいことがまったくないわけではありません。

ほかの職業と比べて人間関係のストレスが少ないぶん、上司や先輩とも仲良くしやすいです。

なんとなく学校のような雰囲気なので、真面目に愛想よくしていれば楽しく働けますよ。

工場で働きたい方はこちら

工場じゃない仕事をしたい人へ

もし工場勤務以外で仕事を探したいなら、以下の記事を参考に行動してみてください。

今は仕事の選択肢なんてたくさんあるし、無理して工場で働く必要ありませんよ。

現在の僕はフリーランスとして暮らしていますが、毎日が充実していてかなり楽しいです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

目次