MENU

だから僕は辞めた。工場勤務のあほらしいと感じること5選【虚無感】

  • 「工場勤務があほらしいと思うのは自分だけかな?」
  • 「毎日単純作業ばかりであほらしいけど、ほかに仕事もないしなぁ…」
  • 「このままあほらしいと感じながら工場で働くしかないのかなぁ…」

この記事はそんな方へ向けて書いています。

本記事の内容

  • 工場勤務のあほらしいと感じること5選
  • 工場勤務があほらしいと感じるときの対処法3選
  • 工場勤務を辞めたい人におすすめな行動3選

こんにちは、カズヤです。
高卒で工場勤務を9年間していました。

工場の仕事があほらしいと感じても、実際どうすれば解決するのかわかりませんよね。

結論、工場勤務があほらしいと感じるなら辞めましょう。

今は終身雇用も崩壊しているし、このまま我慢して残り続けるメリットはひとつもありません。

僕は「このまま嫌々工場で働くなんてあほらしい」と思ったので、勉強してフリーランスに転職しました。

フリーランスでなくても、今は高卒でも転職先はあるので嫌な仕事は辞めてしまって大丈夫です。

この記事を読めば、工場勤務のあほらしいと思う原因や対処法がわかり、人生が少し明るくなるでしょう。

目次

工場勤務のあほらしいと感じること5選

工場勤務のあほらしいと感じるシーンは以下の5つ。

  1. 毎日が嫌な仕事だけで終わる
  2. 休日が疲労回復だけで終わる
  3. 夜勤手当がストレスで消える
  4. 頑張って働くと仕事が増える
  5. 出世すると残業時間が増える

順番に解説します。

①:毎日が嫌な仕事だけで終わる

工場の仕事にやりがいを感じる人は、まずいないでしょう。

単純作業ばかりだし「生活のために嫌々やっている」という人がほとんどだと思います。

そんな仕事をしていると「あほらしいなぁ」と思うことがあるんですよね。

  1. 遅刻しないように起きる
  2. 嫌な仕事に耐える(8時間以上)
  3. 帰宅して食事やシャワーを済ませる
  4. 自由時間(2時間ほど)
  5. 遅刻しないように早めに寝る

このような毎日を過ごしていると「自分は何のために生きてるんだろう…?」と思うのは当然です。

だって「楽しい時間」がほとんどないのですから。

②:休日が疲労回復だけで終わる

工場勤務はせっかくの休日もあまり楽しめません。

なぜなら、肉体労働や夜勤で心身ともに疲れているから。

休日は以下のような感じではないでしょうか(土日休みの場合)。

  • 土曜日
    →疲れてるからあまり動きたくない
    →予定があっても疲労で楽しめない
  • 日曜日
    →明日から仕事だから動きたくない
    →予定があっても憂鬱で楽しめない

このように、せっかくの休日も「嫌な仕事」に支配されている人が多いはず。

つまり「平日も休日も充実しない=働く理由がわからない=人生があほらしい」と気づくんですよね。

③:夜勤手当がストレスで消える

工場勤務をする人は「夜勤手当」に釣られているケースも多いでしょう。

しかし、その夜勤手当もほとんどストレス発散で消えていませんか?

  • ストレス発散で、必要ないモノを買う
  • ストレス発散で、お酒をたくさん飲む
  • ストレス発散で、ギャンブルに賭ける

たとえばこんな感じ。

そして、ストレス発散をする心理は以下。

  • 自分へのご褒美だ!
  • 夜勤手当は泡銭だ!
  • ストレスはダメだ!

どうでしょう。

寿命を削って稼いでるのに、それをチャラにするくらい無駄金を使っていたら「あほらしい」と感じませんか?

「夜勤手当がなくなったら生活がヤバい…」と思うかもですが、辞めたらそのぶん支出が減るので問題ないんですよね。

④:頑張って働くと仕事が増える

「仕事を頑張って会社に貢献したい!」という人もいるかもしれません。

しかし、会社というのは仕事を頑張る人ほど損をするシステムなんですよね。

たとえば以下。

  • 仕事を効率化して早く終わらせる
    →余裕があると思われて、さらに仕事を増やされる
  • 明らかなオーバーワークも頑張る
    →問題ないと判断されて、そのまま仕事を任される

このように会社はコストカットを徹底するため、頑張っても仕事量が増えるだけです。

給料も増えるならまだ許せますが、一生懸命な社員も、手を抜いている社員も給料は変わりません。

これでは「頑張って働くなんてあほらしいな」と思って当然ですよね。

⑤:出世すると残業時間が増える

出世するために仕事を頑張る人もいるでしょう。

しかし、工場勤務では出世を目指すだけ損ですよ。

なぜなら、残業が増えるだけだから。

たとえば、現場の班長やリーダーは以下のような残業があります(1~3時間)。

  • 設備トラブルや部下のミスの対応
  • 仕事の改善案を報告書にまとめる
  • QC活動をして報告書にまとめる

工場勤務のメリットは残業時間が短いところなのに、これでは本当に嫌な仕事をするだけの人生になりますよね。

「給料が上がるからいいじゃん」と思うかもですが、手当なんて大手でも「月2万円くらい」です。

責任と拘束時間が増えるわりに、給料はたいして増えない。

これでは「頑張るだけあほらしいな…」と思いますよね。

工場勤務があほらしいと感じるときの対処法3選

ここまで工場勤務のあほらしいところを紹介しました。

では、どうすればいいのか?というと以下の3つがおすすめです。

  1. 仕事はお金のためと割り切る
  2. 転職サイトで条件を比較する
  3. フリーランス的に働いてみる

上記3つを実践すれば、仕事に対する考え方が変わるかもしれません。

順番に解説します。

①:仕事はお金のためと割り切る

仕事があほらしいと感じるなら、「お金のため」と割り切ってみるといいです。

「仕事=お金を稼ぐためにする行為」と思えば少し気が楽になりますよ。

たとえばこんな感じ。

  1. 単純作業ばかりであほらしい
    単純作業で稼げるなら楽じゃん
  2. 仕事のための休日はあほらしい
    お金を稼ぐためだから仕方ない
  3. 夜勤手当で散財とかあほらしい
    頑張って使わないようにしよう
  4. 頑張るだけ損なんてあほらしい
    適当に自分のことだけ考えよう
  5. 出世するだけ損とかあほらしい
    平社員でいいから適当に働こう

このように、仕事なんてもっと適当にやりましょう。

「適当に働くと評価が下がりそうだな…」と思うかもですが、それでも給料はもらえるし気にしなくて大丈夫ですよ。

頑張っても報われない以上、「どれだけ上手くサボるか」が重要です。

②:転職サイトで条件を比較する

仕事内容があほらしいと感じるなら、転職サイトを見てみるのがおすすめ。

「え、転職はまだ考えてないけど…」と思うかもですが、実際に転職しなくてもOKです。

転職サイトではさまざまな求人を比較できるため、以下のような気づきがあります。

  • 同じ仕事なのにうちより給料低いじゃん
  • 給料低いけど仕事内容は楽そうでいいな
  • 夜勤なしでこの給料ならわりと良いかも

こんな感じで、いろんな気づきがあるので面白いですよ。

良い求人があれば転職を考えるきっかけになるし、逆に今の工場を見直すきっかけにもなるのでおすすめです。

転職サイトは登録しても電話はかかってこないし、しつこいセールスもないし、無料なので気軽に使ってみてください。

\ 利用者数No. 1・登録時間たった5分 /

③:フリーランス的に働いてみる

工場で働くことがあほらしいと思う人は、フリーランス的に働いてみるのもおすすめです。

要するに「副業」で、たとえば以下ような仕事。

  • Webライター
  • 動画編集
  • せどり

こういった仕事をしてみることで「お金を稼ぐ大変さ」がわかります。

すると、「単純作業だけで稼げる工場勤務って楽なんだな」と気づきますよ。

ちなみに副業をするなら以下のサイトに登録(無料)すれば、未経験でもできる仕事がたくさんありますよ。

工場勤務を辞めたい人におすすめな行動3選

ここまで工場勤務があほらしいと思うときの対処法を紹介しました。

しかし、中には「工場勤務なんてもう辞めたい…」という人もいるでしょう。

そういった、工場勤務があほらしすぎて辞めたい人は以下がおすすめです。

  1. 転職エージェントを利用する
  2. プログラミングスクールで学ぶ
  3. クラウドソーシングで仕事をする

順番に解説します。

①:転職エージェントを利用する

「工場勤務から転職なんて難しいよなぁ…」と思うかもですが、まったくそんなことありません。

転職エージェントを利用すれば、高卒の工場勤務でも転職は簡単にできます。

転職エージェントとは、専任のアドバイザーがついて、転職をサポートしてくれるサービスです。

転職エージェントのメリット5つ

具体的なサービス内容は以下。

  1. 自分に合う求人を紹介してくれる
    →やりたい仕事が見つけやすくなる
  2. 会社の雰囲気や内部事情を教えてくれる
    →入社した後のミスマッチを防げる
  3. 職務経歴書や面接のサポートをしてくれる
    →内定をもらいやすくなる
  4. 面接の日程調整や給料交渉を代行してくれる
    →面倒な手続きをしなくて済む
  5. 人事に推薦状を書いてアピールしてくれる
    →面接で失敗してもフォローしてくれる

これらのサポートをすべて無料で受けられます。

転職エージェントは企業から紹介料をもらうビジネスモデルなので、僕ら利用者は無料で利用できるわけです。

転職エージェントを使わないのは損

また、転職エージェントは「非公開求人」を保有しており、ハローワークや求人サイトでは出会えない優良求人がたくさんあるんですよね。

つまり、仕事を探すなら転職エージェントを使わないと損です。

高卒やフリーター特化もある

「自分は学歴がないから相手にされなさそう…」と思うかもですが、最近は高卒特化のサービスもあるので大丈夫ですよ。

以下の記事でおすすめな転職エージェントをまとめているので参考にしてください。

ひとりで探したい人は「転職サイト」を使おう

転職エージェントは登録すると担当者と面談することになります。

まだ本気で転職を考えていない人は気軽に登録できませんよね。

なので、マイペースに仕事を探したい人は「転職サイト」がおすすめです。

  • 転職サイト
    →自分ひとりで転職活動をする
  • 転職エージェント
    →担当者と一緒に活動を進める

名前がややこしいですが、両者には気軽さの面で違いがあります。

転職サイトなら、登録しても電話がかかってこないので気軽に登録できますよ。

基本的には非公開求人のある転職エージェントがおすすめですが、マイペースに求人情報だけ見たい人は転職サイトに登録してみてください。

「どの転職サイトがいいの?」という人は、業界最大手のリクナビNEXTに登録しておけば間違いありません。

ほかの転職サイトとは求人の質と量が圧倒的に違います。

\ 利用者数No. 1・登録時間たった5分 /

②:プログラミングスクールで学ぶ

手に職をつけたい人はプログラミングスクールに通うのもおすすめです。

プログラミングスクールには「エンジニア転職保証」のサービスがあり、申し込むことで転職までサポートしてもらえます。

数十万円の費用は発生しますが、エンジニア職は「給料が高い・将来性がある・自由に働ける」と魅力的です。

もし転職できなくても全額返金保証があるので安心できますね。

エンジニアに興味のある人はオンライン講座「TechAcademy 無料体験」を試してみるのがおすすめです。

無料なので損することはありません。

\ 受講者数No. 1・転職サポートあり /

無料のプラグラミングスクールもある

「お金がないからプログラミングスクールは無理だなぁ…」という方も安心してください。

GEEK JOB」なら完全無料で学習から転職までサポートしてくれます。

GEEK JOBSは転職エージェントと同じく「就職支援で企業から紹介料を受け取る」ので無料というわけです。

サポートの質は有料サービスよりも劣りますが、それでも内定率は9割超えなので検討してみてください。

\ 29歳までなら完全無料・転職支援あり/

③:クラウドソーシングで仕事をする

記事内で少し触れましたが、クラウドソーシングを使えば就職しなくても仕事ができます。

クラウドソーシングとは、「仕事を発注したい人」と「仕事を受けたい人」をマッチングさせるサービスです。

すべてインターネットで完結するので在宅でも仕事ができます。

クラウドソーシングの仕事内容

  • ライティング
    →Webメディアに文章を書く仕事
  • 動画編集
    →商品のPR動画・YouTube動画を編集する仕事
  • デザイン
    →ホームページ制作・バナー作成をする仕事
  • プログラミング
    →システム開発・アプリ開発をする仕事
  • アンケート
    →商品・施設・店舗の感想を投稿する仕事

ほかにもありますが、主な仕事内容はこんな感じ。

「やったことないから無理だよ…」と思うかもですが、クラウドソーシングには未経験でできる仕事も多いです。

もちろん未経験だと安い仕事しかできませんが、続けているうちに会社員以上のお金を稼げます。

楽な仕事に転職して、足りないお金はクラウドソーシングで稼ぐのもありですよ。

サービスは無料で使えるので興味のある方はチェックしてみてください。

未経験者におすすめな仕事は「Webライター」

どんな仕事をすればいいか迷う人は「ライティング(Webライター)」がおすすめ。

Webライターは未経験者が多いので始めやすいし、独立もしやすいです。

僕はライティング業務に取り組んだことでフリーランスになれました。自由に働けて最高です。

Webライターの始め方や勉強方法は以下にまとめてあるので参考にしてください。

補足:退職を言い出せないときの対処法

仕事を辞めたい人の中には「上司が怖い」という人もいるでしょう。

上司が怖いと退職したくてもなかなか言い出せませんよね。

そういった場合は「退職代行サービス」を利用しましょう。

退職代行サービスとは

退職代行サービスとは、文字どおり退職の手続きを自分の代わりにしてくれるサービスです。

依頼すれば翌日から会社に行かなくてOK。もちろん退職金や有休消化ももらえます。

3万円弱の費用は必要ですが、嫌な仕事を我慢してメンタルブレイクするくらいなら安い費用だと思います。

業者とのやりとりもチャットでOKなので気軽に申し込めますよ。

今は利用率もかなり高くて、退職者の3割は退職代行を経由しているそうです。

退職代行Jobs」なら転職活動もサポートしてくれるので、どうしても自分で退職を伝えられない人は利用してみてください。

\ チャットのみで即退職できる /

まとめ:工場勤務があほらしいなら行動しよう

さいごまで読んでいただきありがとうございます。

工場勤務のあほらしいと感じるところを解説しました。

もういちど振り返ると以下のとおり。

  1. 毎日が嫌な仕事だけで終わる
  2. 休日が疲労回復だけで終わる
  3. 夜勤手当がストレスで消える
  4. 頑張って働くと仕事が増える
  5. 出世すると残業時間が増える

工場勤務にかぎらず「あほらしい」と思う仕事は辞めたほうがいいです。

今は終身雇用が崩壊しているし、無理して頑張る必要は何ひとつありません。

「そうはいっても簡単に転職なんてできないでしょ」と思うかもですが、まったくそんなことないです。

少子高齢化でどの企業も人手不足なので、今は未経験でも転職しやすい時代なんですよ。

なので、あほらしいと思いながら悶々と働くのはめちゃくちゃもったいないです。

現状を変えたいなら、小さくてもとにかく行動しましょう。

求人サイトに登録はたった5分で終わるので、まずはそこから始めてみてください。

\ 利用者数No. 1・登録時間たった5分 /

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次