MENU

【必見】転職サイトでブラック企業を見分ける方法3選【求人票でわかる】

転職サイトの求人の中には、いわゆる「ブラック企業」が混ざっています。

当然、誰もが「ブラック企業には入社したくない…」と思っているでしょう。

とはいえ、ブラック企業はさまざまな手法で実態を隠しているため「どうやって見分ければいいんだ…」と心配ですよね。

そこで今回は、転職活動をする上でさまざまな情報を集めてきた僕が以下を解説します。

本記事の内容

  • ブラック企業の定義とは【一般的な特徴】
  • 転職サイトでブラック企業を見分ける方法3選
  • 転職サイトのホワイト企業に見られる特徴3選

僕は現在フリーランスをしていますが、少し前までホワイト企業に勤めていました。

会社を辞めるときは転職も視野にあり、そのときブラック企業について徹底的に調べたのでシェアします。

この記事を読めば、ブラック企業を見分ける方法がわかり、安心して転職活動ができるようになるでしょう。

おすすめな転職サイト・エージェント

目次

ブラック企業の定義とは【一般的な特徴】

そもそもブラック企業とはどんな特徴があるのか。

厚生労働省は以下のように述べています。

厚生労働省においては、「ブラック企業」について定義していませんが、一般的な特徴として①労働者に対し極端な長時間労働やノルマを課す、② 賃金不払残業やパワーハラスメントが横行するなど企業全体のコンプライアンス意識が低い、③ このような状況下で労働者に対し過度の選別を行う、などと言われています

出典:厚生労働省

簡単にまとめると、

  1. 残業時間やサービス残業が多い
  2. パワハラや差別が横行している
  3. 自主退職に追い込む行為がある

上記3つに当てはまる企業を「ブラック企業」と呼びます。

こういった企業には入りたくないですよね…。

転職サイトでブラック企業を見分ける方法3選

転職サイトでブラック企業を見分ける方法は以下の3つ。

  1. 口コミや評判を調べる
  2. 要注意フレーズを探す
  3. 長期掲載求人は避ける

もちろん実際に働いてみないと本当の実態はわかりません。

しかし、この3つを意識して求人を選べば、明らかなブラック企業は回避できますよ。

①:口コミや評判を調べる

応募したい求人が見つかったら、その企業の口コミや評判を調べてみましょう。

口コミや評判を見ると、

  • 給料や福利厚生について
  • 残業時間について
  • 社内の雰囲気について

など、求人情報だけではわからないリアルな実態が把握できます。

明らかに悪評が多いとブラック企業の可能性があるので排除できますよね。

ネットで検索するのも良いですが、検索サイトは気軽に投稿できるぶんウソや悪評が目立ちやすいです。

なので、口コミや評判を調べるなら、ユーザー登録の必要な「転職会議」がおすすめ(無料です)。

もちろんすべてを鵜呑みにするのはダメですが、参考にはなりますよ。

\ 企業の口コミや評判がわかる /

②:要注意フレーズを探す

求人票のフレーズに注目するのもひとつの手です。

ブラック企業というのは求職者が魅力的に見えるようなフレーズをよく使っています。

たとえば以下。

  1. 努力次第で年収〇〇万円!
    →頑張っても上がらない可能性もある
  2. 経験よりもやる気を重視!
    →ノルマが厳しく精神論を強いられる
  3. 成長できる職場環境です!
    →業務負担が大きくかなり働かされる
  4. 若い人が活躍しています!
    →離職率が高くて社員がすぐに辞める
  5. アットホームな職場です!
    →仕事ばかりでプライベートが消える

こういったフレーズを見つけたら要注意です。

疑いすぎて動けなくなるのも良くないですが、基本的に情報は疑ってチェックしましょう。

③:長期掲載求人が避ける

年中ずっと求人掲載している企業も避けたほうが無難でしょう。

ずっと掲載しているということは、それだけ人が辞めるからです。

つまり、離職率が高いといえるのでブラック企業の可能性があるんですよね。

転職サイトに掲載する費用はあるけど、社員を使い捨てている企業もあるので注意してください。

長期掲載している求人かどうかはすぐにはわからないので、転職サイトにはなるべく早めの登録がおすすめです。

転職サイトのホワイト企業に見られる特徴3選

ここまでブラック求人を見分ける方法を解説しました。

では逆にホワイト企業はどんな特徴があるのか。

ホワイト企業の求人票には共通して以下の3つの特徴があります。

  1. 労働条件が明確にわかる
  2. 研修制度が充実している
  3. 従業員の平均年齢が高い

ホワイト企業に明確な定義はありませんが、僕がホワイトだと思って勤めていた会社にはこの特徴がありました。

なので、この3つに当てはまれば少なくともブラックではありません。

①:労働条件が明確にわかる

給与や勤務時間など、労働条件が明確にわかる求人はホワイトな可能性が高いです。

求人票を見ただけで具体的なイメージを持てれば、入社後にミスマッチは起きませんよね。

たとえば以下のように確認しましょう。

  • 基本給が明記されているか
    →ブラック企業は「残業代込み」で書いている
  • 勤務時間が明記されているか
    →ブラック企業は「始業時間のみ」書いている
  • 業務内容がイメージできるか
    →ブラック企業は「曖昧な表現」で書いている

ホワイト企業は「ミスマッチで入社されても困る」と考えるため、何事も「具体的に」伝えてくれます。

なので、「入社後のイメージが具体的に持てるか」を基準に求人票を見るといいでしょう。

②:研修制度が充実している

研修制度が充実している企業もホワイトな可能性が高いです。

なぜなら、従業員を大切にしている証拠だから。

研修を行うには多額の人件費がかかります。それでも研修を行うのは「少しでも長く働いてもらいたい」という思いがあるからです。

ブラック企業にはこの「人を育てる」という考えがありません。辞めたら補充すればいいだけなので。

ちなみに僕が勤めていたホワイト企業は「新人研修、3年目研修、5年目研修…etc」と節目で研修がありました。

そんなわけで、研修制度が充実しているかも判断材料にするといいでしょう。

③:従業員の平均年齢が高い

従業員の平均年齢が高い企業もホワイトな可能性が高いです。

なぜなら、離職率が低く、社内環境が良い証拠だから。

社内環境が悪いところはすぐに人が辞めるはずです。そうなると従業員の平均年齢が若くなりますよね。

もちろん極端に年齢が高いのもダメですが(将来性がない)、平均年齢は低いより高いほうがいいです。

ちなみに、ホワイト企業の平均年齢は40歳前後なので、ひとつの基準にしてみてください。

まとめ:転職するならブラック求人に要注意

さいごまで読んでいただきありがとうございます。

転職サイトのブラック企業を見分ける方法を解説しました。

もういちど振り返ると以下のとおり。

  1. 口コミや評判を調べる
  2. 要注意フレーズを探す
  3. 長期掲載求人は避ける

この3つを意識しながら転職活動をすればブラック企業は回避できるでしょう。

実際に働いてみないとわからない部分もありますが、今は転職が当たり前の時代なので合わなかったら再転職すればいいだけです。

というわけで、転職活動はあまり気構えずに頑張ってください。

どうしても不安な方は、ひとりで進める転職サイトよりも、専任アドバイザーがつく転職エージェントがおすすめです。

優良求人は早い者勝ちになります。登録するなら早めにしないと損ですよ。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる