【失敗談あり】オーディブル無料体験の「最初の1冊」におすすめな本6選

Amazonオーディブルの無料体験やってみようと思うけど、どの本を選ぶか迷うな。失敗して無料期間をムダにしたくないから最初の1冊におすすめな本を教えてほしい。

こういった疑問にお答えします。

本記事の内容
  • オーディブルで聴くべき本・聴くべきではない本の特徴
  • オーディブル無料体験の「最初の1冊」におすすめな本6選

こんにちは、カズヤです。

オーディブルの無料期間で聴く「最初の1冊」って意外と悩みますよね。

「気に入らなければ返品すればいい」とはいうものの、スキマ時間にしか聴けないと「無料期間をムダにしてしまうのではないか」と思いますよね。

そこで、オーディブルを1年以上愛用する僕が「オーディブル無料体験で聴くべき最初の1冊」を6冊厳選しました。

紹介する本はすべて「オーディブルに向いている本」ですので、どれを聴いても失敗する心配はありませんよ。

ついでに、僕が聴いて「失敗したな、、」と思った本も紹介します。

この記事を読み終えるころには、オーディブルの無料体験で聴く最初の1冊が決まっているはずですよ。

あわせて読みたい
【愛用確定】Amazonオーディブルを使ってみた感想【使い方も解説】 Amazonオーディブルって実際どんな感じなんだろう?耳で聴く読書って便利そうだけど、文字で読むのとどっちがいいんだろう? こういった疑問にお答えします。 本記事の...
目次

オーディブルで聴くべき本・聴くべきではない本の特徴

まず、前提条件として本の選び方を解説します。

オーディブルには「向いている本」と「向いていない本」があるんですよね。

オーディブルで聴くべき本の特徴

オーディブルで聴くべき本の特徴
  • 物語や対話形式で進んでいく本
  • 繰り返し聴きたくなるような本
  • 英語学習や話し方についての本

こういった特徴のある本は、オーディブル向きといえます。

やっぱり物語や対話形式の本は聴きやすいですね。プロのナレーターが登場人物に分かれて感情たっぷりに読んでくれるので、活字本よりも内容が入ってきやすいです。

また、スキマ時間に垂れ流しているだけでいい音声は繰り返しの読書にも向いています。自分の血肉にしたい知識はオーディブルで学ぶといいですよ。

英語学習や話し方の本も、当たり前ですが、実際に音声で聴いたほうがわかりやすいです。

オーディブルで聴くべきではない本の特徴

オーディブルで聴くべきではない本の特徴
  • 小説全般
  • 図解が多い本
  • 分厚すぎる本

反対に、こういった本は、オーディブルのような音声読書には向いていません。

「え、小説こそ1番音声に向いてそうだけど」と思うかもしれませんが、小説特有の「文体や行間による世界観」が音声だと楽しめないんですよね。

小説の醍醐味って空想を広げながら文章を読むことだと思います。しかし音声だと、考える暇がなく、ちょっと内容が入ってきにくいです。

図解の多い本も不向きで、「次の図をご覧ください」とか読まれても「?」となりますよね。

たとえば、『メモの魔力』は音声だと失敗します。メモの書き方を音声で説明されても「ちょっと何言ってるかわかんない」と言わざるをえません。

また、分厚すぎる本もオーディブルには向いていません。

たとえば、『ファクトフルネス』とか『ライフシフト』は聴いても退屈なだけだったのですぐに返品しました。

「活字だと読む気にならないから音声で!」と思っていましたが、音声で聴いてもあまり頭に入らないんですよね。

分厚い本に挑戦するなら、活字でマーカーを引きながら少しずつ読んだほうがいいですよ。

オーディブル無料体験の「最初の1冊」におすすめな本6選

お待たせしました、お待たせしすぎたかもしれません。ここから本題です。

オーディブル無料期間に聴いてほしい「最初の1冊」は以下の6冊。

どれも聴いて損しない本なので、ご自分で気になった1冊から読んでみてください。

オーディブル「最初の1冊」におすすめな本
  • 嫌われる勇気
  • もしアドラーが上司だったら
  • 営業の魔法
  • 神様とのおしゃべり
  • 俺か、俺以外か
  • 海外ドラマはたった350の単語でできている

①:嫌われる勇気

1冊目は、『嫌われる勇気』。

アドラー心理学「どうすれば人は幸せに生きることができるのか」という哲学を、青年と哲人が対話をしながら具体的な答えを導く物語です。

『嫌われる勇気』のあらすじ

「あの人」の期待を満たすために生きてはいけない――

【対人関係の悩み、人生の悩みを100%消し去る〝勇気〟の対話篇】
 

世界的にはフロイト、ユングと並ぶ心理学界の三大巨匠とされながら、日本国内では無名に近い存在のアルフレッド・アドラー。
 

「トラウマ」の存在を否定したうえで、「人間の悩みは、すべて対人関係の悩みである」と断言し、対人関係を改善していくための具体的な方策を提示していくアドラー心理学は、現代の日本にこそ必要な思想だと思われます。
 

本書では平易かつドラマチックにアドラーの教えを伝えるため、哲学者と青年の対話篇形式によってその思想を解き明かしていきます。
 

著者は日本におけるアドラー心理学の第一人者(日本アドラー心理学会顧問)で、アドラーの著作も多数翻訳している岸見一郎氏と、臨場感あふれるインタビュー原稿を得意とするライターの古賀史健氏。

対人関係に悩み、人生に悩むすべての人に贈る、「まったくあたらしい古典」です。

この本を聴くと「人間関係の悩み」がマジで消えます。自分の人生を生きたいなら読んでみてください。

物語が終始「対話形式」で進んでいくので飽きることないし、文字で読むよりも理解しやすいですよ。

②:もしアドラーが上司だったら

2冊目は、『もしアドラーが上司だったら』。

タイトルのとおり「アドラー心理学を職場で実践するコツ」を学べる本です。

『もしアドラーが上司だったら』のあらすじ

対人関係の悩みを解決し、 仕事で結果を出す方法をアドラーが教えます! 「嫌われる勇気」を実践して職場で嫌われる人が増加中……。 アドラー心理学は対人関係の悩みを一掃する強力な「武器」ですが、 職場でアドラー心理学を当てはめるには「コツ」があります。 その方法を小説仕立てで教えるのが本書。 ダメダメ営業マンのリョウが、 上司のドラさんが出す12の宿題を実行していくと、 どんどん仕事が楽しくなっていって、結果も出るように──。 主人公の成長物語に笑ったり、共感したりしながら、 読んでいるだけで職場の対人関係の悩みが晴れ、 仕事で結果を出す方法も手に入る、 実用エンターテインメント小説です。

この本を聴き終えると「あぁ、こんな上司が実在したら仕事も楽しいだろうな、、」という気持ちが湧いてきますよ。

それくらい、この本に登場する上司の「ドラさん」は魅力的な人物です。

ドラさんが魅力的すぎて、何度でも聴き返したくなる1冊ですよ。

③:営業の魔法

3冊目は、『営業の魔法』。

営業のみならず、すべての仕事に通ずるコミュニケーション術を学べる本です。

『営業の魔法』のあらすじ

新入社員の小笠原は、営業部に配属されてからの半年間、売上げゼロのダメ営業マンだった。自信をなくした彼は、朝礼のあと伏魔殿のような喫茶店に逃げ込み、夕方までの時間をやり過ごす毎日。そんなある日、全身からオーラを放つスーパー営業マン紙谷と出会う。紙谷は二冊のバインダーを巧に操り、瞬く間にお客様をイエスへと導いていた。まるで魔法に掛かったかのように喜ぶお客様の姿を目の当たりにした彼は、スーパー営業マン紙谷に頼み込み、営業についてのレクチャーを受けることになる。そして、一ヶ月半に渡る早朝六時からの実践レクチャーが始まった。紙谷は本物の魔法使いの如く、ダメ営業マンの小笠原に十一個の魔法を伝授する。本当の営業を知った小笠原は、瞬く間にトップ営業マンへと成長していた。しかし、最後の魔法、十二個目を伝えないまま紙谷は小笠原の前から忽然と姿を消す。紙谷の身に何が起こったのか。ダメ営業マンだった小笠原の、「成長」と「トップ営業マンへの道程」をリアルに描いた営業サクセスストーリー、ついに完成。

この本を聴くと、人とのコミュニケーションが楽しくなりますよ。

仕事はもちろんですが、恋愛にも使えるテクニックが満載で読んで損なしの1冊です。

ちなみに僕はこの本を聴いてからオーディブルにハマりました。オーディオブックとしての完成度が群を抜いています。

④:神様とのおしゃべり

4冊目は、『神様とのおしゃべり』。

「幸せ」の価値観を変えてくれる本です。

『神様とのおしゃべり』のあらすじ

待ってました!
ネットで話題騒然の大人気自己啓発系ブログ『笑えるスピリチュアル』のさとうみつろう氏による初著書がついに発売!

「対人関係」、「お金」、「仕事」など、あなたの人生観を180°ぐるりと変える、魔法のような実用エンタメ小説。

「幸せになりたいんじゃろ?  だったら、叶えてやるよ」

ダメダメサラリーマンだった主人公は、ある日突然おしゃべりな神さまと出会った。

「自分で自分の背中は押せないんじゃ」
「宝くじに当たったら、絶対に隠しちゃダメじゃ」
「嫌な上司はあなたのトラウマを代弁してるんじゃ」……

過激な神さまの教えを聞いているうちに、主人公の人生は劇的に変化し「あっという間に幸せになれる授業」は終了した。

そして次はいよいよ、あなたの番だ!

これまでのどんな教えより“速く、深く”あなたの人生を変えることだろう。

さぁ、思い通りの人生をたぐり寄せなさい。そのロープの端は今、あなたの目の前に伸びている。

この本を聴くと、ハッと気づかされることが多くてめちゃくちゃポジティブ思考になりますよ。

「自分は幸せじゃない」という主人公に対して、神様が「お前はバカか!」と、本当は幸せであることを語ってくれます。

コントを聴いているかのような、ゆるーい雰囲気で話が進んでいくので聴きやすい1冊ですよ。

⑤:俺か、俺以外か

5冊目は、『俺か、俺以外か。』。

ホスト界の帝王であるローランドさんの生き方や美学を学べる1冊です。

『俺か、俺以外か。』のあらすじ

著者 ROLAND本人が朗読する、オーディオブック限定特典メッセージ付き。

話題の「名言」から浮き彫りになるローランドの素顔を本書で初公開。
至高のプロ意識、唯一無二の存在である理由を、
哲学・美・愛・仕事・人生の多面的な切り口で語る。
ローランドのストイックなまでの生き方と、そのウイットに富んだ名言は、
ファンのみならず、年齢や職業を問わず、
幅広い方たちの胸に熱く響き、明日への活力になる。
ローランドのファンブックとしてはもちろん、
ビジネス・自己啓発書としても、これを聴く人の人生を変えるかもしれない一冊。
「世の中には二種類のオーディオブックしかない。ローランドの声か、それ以外か」
 

朗読者は「ローランドさん本人」なんですよね。

この本を聴くと、「ストイックな生き方」や「仕事に対するプロ意識」を本人の口から学べます。

中でも、デブに厳しい意見を述べる章は思わず笑ってしまいますよ。

⑥:海外ドラマはたった350の単語でできている

さいごは、『海外ドラマはたった350の単語でできている』。

英語の学習本です。

『海外ドラマはたった350の単語でできている』のあらすじ

楽しく、確実に英会話を身につける学習方法を大公開します。
・英会話に必要な単語数は○○個?!
・学校では習わない、超重要単語とは?
・英会話を学ぶには、○○のDVDが最適?!
・「語彙力」より大切なのは「時制」
知らなかった!目からウロコ!の英語学習法が満載。語学力アップの練習問題付です。

英会話系はやっぱり文字よりも音声がいいですね。

この本を聴くと、アメリカ人が普段どんな単語を使っているのかがわかります。

オリエンタルラジオの中田敦彦さんも絶賛する、英会話初心者におすすめな本ですよ。

まとめ:オーディブルで「最初の1冊」を無料体験しよう

オーディブルで聴くべき本の特徴
  • 物語や対話形式で進んでいく本
  • 繰り返し聴きたくなるような本
  • 英語学習や話し方についての本
オーディブルで聴くべきではない本の特徴
  • 小説全般
  • 図解が多い本
  • 分厚すぎる本
オーディブル「最初の1冊」におすすめな本
  • 嫌われる勇気
  • もしアドラーが上司だったら
  • 営業の魔法
  • 神様とのおしゃべり
  • 俺か、俺以外か
  • 海外ドラマはたった350の単語でできている

そんなわけで、Amazonオーディブル無料体験の「最初の1冊」におすすめな本を紹介しました。

今回紹介した6冊は、どれを読んでもオーディブルの魅力を感じられます。

個人的にオーディブルは「何度も繰り返し聴きたい本」を選ぶのが1番いいと思っているので、返品機能を駆使しながらぜひお気に入りの1冊を見つけてみてください。

ちなみに、オーディブルの返品方法はこちらに記載してあります。

あわせて読みたい
オーディブル会員になる3つのメリットと無料期間を賢く使うコツ Amazonオーディブルって会員になるメリットあるのかな?会員にならなくても本買えるし、会員になったら解約忘れそうだから迷うな〜。 こういった疑問にお答えします。 ...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる